2020/2/5 水曜日

アリスコンサート

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:58:37


【ALICE AGAIN =限りなき挑戦=】
 
谷村新司リーダーのフォークグループ『アリス』の全国ツアーに!

小学校5、6年生の時に新聞配達のバイトで買った初のドーナツ版シングルレコードが『冬の稲妻』でした
当時はレコードも自分にとって高価な物なので買えませんでしたが、アリスファンになりTV音楽番組ではよく聴いてました

サイトでコンサート情報を見て、佐賀市文化会館で!
  
観客は50歳前後から70代の人たちで、若い人は見かけませんでした(^^ゞ
隣の席の女性たちも自分と同年代ぐらいで、『懐かしいですよね~』と、アリスの登場で会場が大盛り上がり!
歌が始まり、好きな名曲を歌いだしたら、感動といろいろと当時の事を思い出して・・・
隣の女性たちは泣いてました

1973年の『愛の光』から始まり、『明日への賛歌』、『今もうだれも』、『冬の稲妻』ともう、・・・
『ジョニーの子守唄』、『夢去りし街角』、『狂った果実』など、アンコールで『チャンピオン』、『さらば青春の時』

アリスの3人も70歳!
『元気な限り、コンサートします!』と、また次回も行きたいです
谷村新司がシブいおじ様の雰囲気とトークも楽しくて、すごく良かったコンサートでした

2020/1/31 金曜日

東大寺

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:23:13

DSCF7225

DSCF7245【東大寺】
東大寺、大仏殿から西側にある戒壇堂に安置されてる四天王像を観たいなと言うことで!
拝観する人がすくない場所ですが、四天王像と釈迦如来、多宝如来が安置
戒壇堂の四天王像は大きさが160~170cmの高さ、表情が町で見かけそうなイカツイ表情で広目天、多聞天は頑固そうなオヤジのような表情、増長天と持国天は我慢の限界で怒りまくってる表情が迫力あるんです
DSCF7242

大仏殿は、盧舎那仏、虚空蔵菩薩、如意輪観音、四天王など
大きい仏像ばかりです
DSCF7243 DSCF7247 DSCF7251 DSCF7258

日本一大きい国宝の南大門にある、大仏師:運慶がスーパーバイザーを務め、快慶と弟子たちが作り上げた巨大な仁王像、金剛力士像!
慶派チームが完成させた仁王像の最高傑作と言われる阿形、吽形!
DSCF7267 DSCF7264 DSCF7265

奈良の仏閣を拝観して、大阪まで!
バレンタインの時期なので、チョコレート宣伝の大阪梅田阪急ショーウインドーの飾りがいい感じのデザインでした
DSCF7269 DSCF7270 DSCF7274

2020/1/29 水曜日

興福寺

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:43:54

DSCF7222

DSCF7236【興福寺】
2年ぶりの興福寺
ようやく中金堂の再建が終わったので拝観に

中金堂の内部は江戸時代に作られた釈迦如来坐像を中心に四天王、吉祥天、大黒天、薬王菩薩、薬上菩薩の9体が安置されてます

前回は全体にカバーが掛けられてて全く見れませんでしたが、ようやく中を拝観できるようになりました
DSCF7227 DSCF7232 DSCF7229

国宝の東金堂は薬師如来坐像を中心に日光、月光菩薩、四天王、十二神将など全19体が安置され、国宝の四天王立像、十二神将立像の表情、ポージングがカッコいいのです!!
DSCF7231 DSCF7237

他、五重塔、南円堂と国宝館に展示してるある有名な阿修羅像がある八部衆と十大弟子、大きい千手観音などを拝見
前回は国宝館も閉鎖されてたので何年ぶりでした
DSCF7233 DSCF7230 DSCF7240

2020/1/27 月曜日

橿原神宮

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:18:15

DSCF7192 DSCF7217
大阪から奈良まで移動し、橿原神宮まで
2016年の5月に近鉄橿原神宮前駅まで行きましたが、その時は日本最古の寺と言われてる飛鳥寺にだっだので、今回は橿原神宮に

昨年、令和の時代になり新天皇、皇后両陛下が11月に神武天皇の陵を参拝した神社

建国の聖地、橿原は日本の始まりの場所という事で参拝
宮崎の高千穂から畝傍山(うねびやま)の東南の麓に橿原宮を創建されたという、お祀りしているのは、第一代神武天皇と皇后の媛蹈韛五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめのみこと)で即位2600年の歴史ある日本の原点の神社

駅から表参道を通り、外拝殿まで行き、本殿にお参り
本殿までは入れないので、外拝殿からお参りです
本殿の屋根に【幣殿 鬼板 へいでんおにいた】=鬼瓦みたいな剣の厄除けがあります
DSCF7194 DSCF7201 DSCF7207 DSCF7210

あと、深田池という大きな池もありました
DSCF7212 DSCF7215

敷地が広いので他にも参拝する場所がありましたが、本殿のみ参拝して奈良駅まで
DSCF7219 DSCF7221

2020/1/24 金曜日

カラヴァッジョ展

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:03:16

DSCF7182
【カラヴァッジョ展】

北海道~名古屋~大阪の巡回で開催されてるカラヴァッジョ展
大阪あべのハルカス美術館まで!

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョと言えば、短気で気性が荒く喧嘩っぱやい、恐喝、暴行障害、器物損壊、最後は女性関係のもつれで殺人まで犯した画家・・・ならず者
問題ばかり起こす画家で、投獄⇒脱獄⇒逃亡⇒最後は熱病にかかり、38歳で海岸で野垂れ死に・・・
ですが、絵を描かせたらもの凄い劇的な一瞬を3Dのように描く神か悪魔の手といわれるぐらいの美の天才怪物画家!
24歳で描いた『いかさま師』で評判に!

ならず者ですが、絵の凄さに当時のフランチェスコ・マリア・デル・モンテ枢機卿が気に入りパトロンになり、自宅に住まわせてたんです

今回はカラヴァッジョの中で好きな作品、『ホロフェルネスの首を斬るユディト』が大阪展のみ初来日展示予定でしたが、イタリアの許可が出なかったようで、残念ながら展示不可・・・
【ユディト】は沢山の画家が描いてますが、カラヴァッジョのは凄いんです!
本物を観たかったですが・・・
それと、『瞑想するアッシジの聖フランチェスコ』も展示不可に・・・
DSCF7187・・・

カラヴァッジョだけで全8点のみが展示
世に存在する絵は60点もないぐらい貴重な作品で、フェルメールの次ぐらい少ない作品なので8点でも多い方です

『法悦のマグダラのマリア』
=法悦とは神から救われる事、マグダラのマリアは娼婦

『歯を抜く人』
=無理やり、力強く歯を抜かれてる顔が痛そう・・・

『リュート弾き』
=絵をイメージしてテーブルの楽譜を実際に音楽で流してました

カラヴァッジョ展示作品で4点が個人蔵でした!

ユディトが展示してたら一番よかったですが・・・
他の作品は観れたのでいい展覧会でした。
DSCF7188 DSCF7181 DSCF7185
あべのハルカス美術館で2月16日まで
DSCF7189 DSCF7190

2020/1/15 水曜日

トムとジェリー

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:47:49

DSCF7156
【トムとジェリー展】
 
福岡三越9階ギャラリーで子供の頃からよく見てた一番ぐらい好きなアニメ『トムとジェリー』の原画展
天才アニメーターの二人の描いた、今年2020年でトムジェリ誕生80年です!
1940年にウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラの二人が描いた漫画から始まり、最初はネズミとネコの追いかけっこなど、ありきたりでつまらないストーリーと言われたようで、ハンナ=バーベラの二人が考えついたのがスピード感ある展開にして放送したら、見た人たちからの評判がよく、『早く次を見たい!!』などから人気アニメになりましたが、プロダクションから突然の解雇など、激動だったようです・・・
DSCF7157 DSCF7164 DSCF7166

1940年、第1作目の『上には上がある』は名前はトムではなく【ジャスパー】、ジェリーは【ジンクス】、2作目からトムとジェリーに変更されたようです
日本でのTV放送は1964年から始まり、1988年ぐらいまでが二人が描いた、よく見てたトム役の声優がクマのプーさんの八代駿、ジェリー役の声優は一休さんの藤田淑子、ナレーターは俳優の谷幹一
アニメの声は少ないですが、20歳ぐらいまで再放送を何回も見てたのでキャラクターの声は根ずいてます
1940年~1958年制作のハンナとバーベラの作品が面白く、新トムとジェリーは違うアニメのようで、見なくなりました
 
子供の頃は面白い漫画ぐらいと見てましたが、大人になって見るとハンナとバーベラの作品はあの時代に、あのユーモア漫画、面白く見せる動きのアイデア、すごいギャグセンスあるアニメで、今だに最高峰のギャグアニメではと! 
背景、小物なども凄く綺麗だと思います
 
残念ながら当時は原画など描いたフィルムは一度の放送で、もう使わないからと洗い流して消してしまったり、絵コンテ、イメージボードなど殆ど捨ててしまったようで、残ってる原画、背景など少ないそうです・・・

『ピアノ・コンサート』『台所戦争』など幾つかアカデミー賞作品もあり、綺麗な作品で『星空の音楽会』は有名なヨハン・シュトラウスⅡ世の「こうもり」序曲、『ピアノ・コンサート』はリストのハンガリー狂詩曲第2番嬰ハ短調から途中で“ON THE ATCHISON, TOPEKA&THE SANTA FE”日本語曲名『サンタフェ鉄道』など、有名な曲もたくさん使われてました
『パーティー荒らし』もアカデミー賞受賞作で、国を掛けた盛大なパーティーの世界一の料理をトムがネズミから守ると言う最後の使命でしたが、結局はジェリーとニブルスに料理を荒らされ、最後はギロチンでトムの首を・・・という悲しい最後でした
『天国と地獄』のシーンはエスカレーターを登っていくトムのシーンが幻想的で綺麗な絵でした
今は映像技術、コンピューターなどで綺麗な映像を作れるようですが、この当時はすべて手書き、タイトルロゴ、オープニング、音楽に合わせて作る1秒間に25~30枚ぐらいのコマなど、膨大な時間で作り上げてた作品です
ジブリ作品も今だに手書きにこだわった作品ですね

DSCF7159 (2) DSCF7160 (2) DSCF7161 DSCF7162

ウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラは他に【原始家族フリントストーン】日本でいえば『はじめ人間ギャートルズ』のような、【大魔王シャザーン】掛け声は『出てこいシャザーン!』、【チキチキマシン猛レース】 ガンセキオープン、プシーキャット、ハンサムV9など11台の個性的なマシンでレースし、ゼロゼロマシンのブラック魔王と犬のケンケンが邪魔するという人気アニメ、他に【クマゴロー】など日本での放送もいろいろありました
 
十何年も前に当時の声優さんのTV版の非売品を購入し、今でも大事に持ってるDVDのフルセット! 
真ん中のテックス・アヴェリー、MGMカートゥーン・スタジオも全部そろい組です。
DSCF7168 DSCF7169 DSCF7170
テックス・アヴェリーと言えば、ドルーピーやスパイク、デカ吉とチビ助など
当時のドルーピーの声優は顔がそっくりの浪曲師:玉川良一でした
三越福岡で開催の『トムとジェリー展』は1月2日~13日の短い期間だけで終了しました  
 

2020/1/9 木曜日

ニューイヤーコンサート2020

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:41:06

DSCF7154 DSCF7155
【九州交響楽団ニューイヤーコンサート2020】

毎年、マエストロは現太茂夫さんでしたが、今回はNHK交響楽団の第一コンサートマスターの篠崎史紀さん
ソプラノ音楽は無かったです・・・

◆出 演
指揮&ヴァイオリン/篠崎史紀

◆曲 目
スッペ:
・喜歌劇『軽騎兵』序曲
ベートーヴェン:
・ヴァイオリンと管弦楽のための ロマンス 第2番 へ長調
ヨーゼフ・シュトラウス:
・鍛冶屋のポルカ、ワルツ『うわごと』
ランナー:
・ワルツ『モーツァルト党』、ワルツ『ロマンティックな人々』
ヨハン・シュトラウスⅡ世:
・ポルカ『クラプフェンの森にて』、ポルカ『狩り』、ワルツ『美しく青きドナウ』
アンコールの最後はヨハン・シュトラウス1世のラデツキー行進曲で終了

今年はニューイヤー定番のヨハンシュトラウスの歌劇『こうもり』序曲なかったです
今回はマエストロが変わり、毎回のニューイヤーとは違うクラシックでした。
 

2019/12/23 月曜日

筑前町立大刀洗平和記念館

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:57:56

DSCF6987 DSCF7005
『松本零士‐父への想い・平和への願い』
《~飛行第四戦隊~その歴史を辿る~》

大刀洗飛行場開場100周年・開館10周年記念企画展
幼少時まで住んでた久留米生まれの漫画家、松本零士
当時、松本零士さんの父親が大刀洗飛行場のパイロットだった関係で、遺品や作画を展示

大刀洗飛行場の歴史や松本零士、幼少の当時の写真などを展示してて、手塚治虫、ちばてつやとのツーショット写真など、若い時に描いた戦争の漫画、VTR映像などを展示
 
来年の1月31日まで松本零士さんの父の遺品を展示してます
DSCF6990 DSCF6992 DSCF6995 DSCF7004 

2019/12/17 火曜日

門司港レトロ

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:51:35

IMG_20191117_132421
【門司港地区】
 
門司港まで焼きカレー食べに旧門司三井倶楽部
門司港駅周辺に焼きカレーが食べれる店は沢山ありますが、食べるなら重要文化財の中にあるレストラン
三井物産の社交倶楽部、接待場所として作られた建物で、日本で講演するために1922年に来日したアインシュタイン博士夫妻が宿泊した場所です
昼前に行き、座敷ならすぐOKでしたが、ホールは1時間待ち・・・
せっかくならアインシュタイン博士が食事したホールでいただきたいので待ち
その間、2階のアインシュタインメモリアルルームを見学
当時のそのままの状態にしてるそうです
IMG_20191117_114128 IMG_20191117_120050 IMG_20191117_115956 IMG_20191117_120244

一番いい、窓側テーブルを案内され、お待ちかねの焼きカレーセット
熱ッチチのカレーですが、美味ししゅうございました。
IMG_20191117_125157 IMG_20191117_125822 IMG_20191117_123809 IMG_20191117_122818 
向かい側の門司港駅もようやく改修工事が終わり綺麗になってました
IMG_20191117_131754 IMG_20191117_131950 

2019/11/30 土曜日

三国志

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:29:00

DSCF7074
【三国志展】
 
有名な人気の歴史話『三国志』が九州国立博物館で開催してます
DSCF7075 
西暦200年頃から中国の魏(ぎ)、呉(ご)、蜀(しょく)の統一する話
当時のお偉いさんが、やりたいほうだいで民衆に重税を掛けて苦しめ、救世主が現れ、激動の歴史
赤壁の戦いが有名で、曹操軍敗退など
西暦220年から280年ぐらいまでが三国志時代といわれてて、その三国志に関する出土品や像、巻物など160点ぐらいを展示
 
【関羽像】
劉備(りゅうび)、張飛(ちょうひ)と同日に死ぬ事を誓った関羽
DSCF7024 
・ 
【孔明出山図】(こうめいしゅつさんず)
DSCF7029 

【玉豚】(ぎょくとん)
棺桶に入れて、あの世でも豚肉を食べれるようにのおまじない品
DSCF7030 

【多層塔】(たそうとう)
死後の世界を表現
DSCF7034 

【儀杖俑】(ぎじょうよう)
有力者の墓に入れた車列
DSCF7036 DSCF7037 

諸葛亮(しょかつりょう)が曹操(そうそう)との水上戦に備えるため敵軍からダミーの船に沢山の矢を打たせ、10万本の矢を自分たちに備えができたイメージのシーン
DSCF7044 DSCF7047 

赤壁の戦いに使われたと思われるイメージの軍船
DSCF7046 

曹操の墓の内部を再現してます
DSCF7055 DSCF7054 

『人形劇 三国志』
1982年から1984年にNHKで放送されてた実際の人形も展示
DSCF7065 DSCF7066 DSCF7067 DSCF7068 DSCF7069 

三国志ファンが多いせいか、平日でも人が多いです
2020年1月5日まで開催

太宰府天満宮内で菊の展示してました
DSCF7077 DSCF7078 DSCF7079 
DSCF7081
DSCF7083 DSCF7084 

« 前ページへ次ページへ »

HTML convert time: 0.101 sec. Powered by WordPress ME