2020/2/23 日曜日

ロッシーニ・サウンド

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:05:14

DSCF7397
【オペラ喜劇 セビリアの理髪師】
 
クラシックオペラ、作曲ジョアキーノ・ロッシーニの人気オペラ
東京の新国立劇場で念願の『セビリアの理髪師』
 
《キャスト》
アルマヴィーヴァ伯爵/リンドーロ:ルネ・バルベラ
ロジーナ:脇園彩
バルトロ:パオロ・ボルドーニャ
フィガロ:フローリアン・センペイ
ドン・バジリオ:マルコ・スポッティ
ベルタ:加納悦子
フィオレッロ:吉川健一
隊長:木幡雅志
アンブロージォ:古川和彦

指揮:アントネッロ・アッレマンディ
演出:ヨーゼフ・E.ケップリンガー
管弦楽:東京交響楽団
合唱:新国立劇場合唱団
チェンバロ:小埜寺美樹
DSCF7571 

ストーリーは、アルマヴィーヴァ伯爵が町で見かけた美女ロジーナに惚れてセビリアに!
ロジーナの居る窓に向かって歌うが・・・ 伯爵の前に現れたのは、バルトロ家の理髪師の何でも屋のフィガロ!
伯爵は彼にロジーナの事を話して協力、バルトロの監視が厳しく自由がない・・・ ロジーナに自分は貧しい学生リンドーロだと身分を隠して手紙を渡し、喜んだロジーナ!
その後、ドタバタ劇が!
伯爵は夜中に迎えに行くとロジーナに伝え、バルトロは『リンドーロはおまえを伯爵に売るつもりだ』とロジーナに告げたらショックのロジーナはリンドーロから騙されたと思いバルトロとの結婚を承諾してしまい、伯爵とフィガロがロジーナを迎えに行くけど来ない・・・ そこでリンドーロは自分の正体を貧乏学生リンドーロではなく『伯爵です』と明かす。
驚き喜ぶロジーナ!
いろいろドタバタがあり、フィガロの機転で伯爵とロジーナの結婚契約書を作成し、伯爵だとわかったバルトロはついに観念し、伯爵とロジーナの結婚を認め、めでたく結ばれる物語

第1幕の2番でフィガロの登場でのオペラ『♪私は町の何でも屋』
オペラクラシックコンサートでもこの曲だけ単独で演奏されるぐらい人気のオペラで、このシーンの舞台を観たい為に喜劇 セビリアの理髪師に行って来ました!
すごく良かったです!オペラパレス会場中が大拍手!ブラボーでした
DSCF7383 DSCF7382 DSCF7400
3時間10分のオペラ舞台で最後のカーテンコールが終わらないぐらい盛り上がった舞台でした

5月は怖い舞台『サロメ』です
DSCF7393 DSCF7396  

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.051 sec. Powered by WordPress ME