2020/3/23 月曜日

スターの浮世絵師

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:53:03

DSCF7572
【大浮世絵展  夢の競演】
 
美人画の歌麿、謎の写楽、天才の北斎、風景画の広重、表現力の国芳
5人の有名な浮世絵師の代表作を集めた展覧会

喜多川歌麿の展示作品は婦女人相十品の有名な『ビードロを吹く娘』は赤い市松模様の着物で後ろを振り向きながらガラスのポッペンを吹く姿
『当時三美人は』三美神のような難波屋おきた、高島おひさ、富本豊ひな、町の人気の看板娘を描いた作品で高名三美人や寛政三美人とも言う
他に遊郭を描いた作品も有名で、当時は品川の遊郭は【南国】と!
・ 
存在を殆ど知られてない東洲斎写楽は大首絵が有名で歌舞伎役者絵が展示で『3代目大谷鬼次の奴江戸兵衛』、『市川鰕蔵の竹村定之進』など歌舞伎役者がほとんどで、所蔵美術館は違いますが、摺りの色違いも展示
・ 
世界ではグレート・ウェーブで有名な天才絵師、葛飾北斎は冨嶽三十六景シリーズ『神奈川沖浪裏』は一瞬の波を鉤爪で表現
一番有名な富士『凱風快晴』、赤富士の名を持つ『山下白雨』白雨とは激しい雨
冨嶽三十六景シリーズは何枚か展示で、8作品シリーズの『諸国瀧廻り』、11作品シリーズの『諸国名橋奇覧』など
・ 
日本橋から京都までの風景画『東海道五十三次』で一躍の人気絵師になった歌川広重
シリーズの『東海道五十三次 日本橋』他、シリーズの日本橋~埼玉~長野軽井沢~滋賀~京都の『木曽海道六十九次』、ゴッホも模写した『名所江戸百景 亀戸梅屋舗』、星空が美しい『名所江戸百景 虎の門外あふひ坂』、有名な『月に雁』
・ 
歌川国芳は3枚合わせた、現代風に言えばワイド画面の元祖の絵師
物語の一瞬の迫力ある劇的シーンを描いたり、忠臣蔵の赤穂浪士たちを妖怪に変えたりと、見ごたえある作品が多いです
・ 
あと、のれん別室に歌川国貞の描いた春画『国貞三源氏』が展示
源氏物語の内容を極端にわかりやすく描いたようなパロディー画で、『花鳥余情吾妻源氏かちょうよじょうあづまげんじ』、『艶紫娯拾餘帖えんしごじゅうよじょう』、『正寫相生源氏しょううつしあいおいげんじ』の【三源氏】の色彩が鮮やかなR18の春画が展示してます
着物の模様の細かさ、繊細な仕事をする彫師と摺師の超絶技巧が凄いです
DSCF7583 DSCF7582  
 
浮世絵絵展が開催の時は殆ど足を運んでるので何度も拝見した作品が多いですが、有名作品は何度見てもいいです
DSCF7575 DSCF7577 DSCF7579  

2020/3/11 水曜日

糸島 二見ヶ浦

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:23:36

久々に糸島までツーリング
高速基山パーキングエリアで待ち合わせ、糸島に!
DSCF7599  
志摩サンセットロードの海沿いを走り、二見ヶ浦前駐車場に到着
Z2、ゼファーなどオールKawasaki!!
DSCF7588 
桜井二見ヶ浦は糸島で一番有名な場所
DSCF7585 DSCF7587 
芥屋の大門までは行かずに、今シーズン最後ぐらいになる牡蠣小屋で焼き牡蠣食べ
DSCF7596 DSCF7595 DSCF7593 
天気も気温も良く、何か月かのバイク日和でした
 

2020/3/5 木曜日

フランス絵画展

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:19:04

DSCF7379
【フランス絵画の精華】
 
日本やフランスやイギリスなど有名ないろんな美術館から集めたフランス絵画が輝いてた17世紀の古典主義から18世紀のロココ、19世紀の新古典主義からロマン主義になり、印象派までのフランス絵画を一同に観覧出来る展覧会
DSCF7380 DSCF7348  
第1章は17世紀
ジョルジュ・ド・ラ・トゥール『煙草を吸う男』は火の明かりで照らす手元が特徴の作品で『大工の聖ヨセフ』など好きな画家
クロード・ロラン『ペルセウスと珊瑚の起源』はメドューサの首を刎ねたペルセウスが海に首を入れると海藻が珊瑚になっていく神話ものなど

第2章は18世紀
マリーアントワネットお気に入りだった宮廷画家のヴィジェ・ルブラン
撮影OKの『ポリニャック伯爵夫人の肖像画』
DSCF7346  
もう1枚撮影OKはアントワーヌ・ヴァトー『ヴェネチアの宴』
DSCF7343
新古典主義の風景画家ユベール・ロベール、王族や大金持ちから絶大な支持をされてたイアサント・リゴー、オノレ・フラゴナールなど

第3章は19世紀
ナポレオンの時代の時で兄の『ジョセフ・ボナパルトの肖像』やウジェーヌ・ドラクロワ『書斎のドン・キホーテ』、ドラクロワは『民衆を導く自由の女神』が代表作の画家
好きな画家のウイリアム・ブグローも展示『青春とアモル』は美しい女性=「青春」を意味し、肩には愛神アモル=キューピットが描いてあり、美しい作品

第4章はデッサンを集めた作品でチョークで描かれたドミニク・アングル、テオドール・ジェリコーなど17点が展示

九州国立博物館で3月29日まで開催

この日の太宰府天満宮は梅も見ごろでした
DSCF7338 DSCF7336 DSCF7337 DSCF7342 

2020/2/29 土曜日

ミイラ展

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:45:53

DSCF7557
【ミイラ [永遠の命]を求めて】
 
上野に世界のミイラが43体も!
世界最古と言われるミイラがアメリカの1万年前の40代と思われる男性のミイラで布で覆われてて本体は見えませんが、最新のCTスキャン映像で映し出されてました
神にささげる生贄のミイラや、子供のミイラは髪の毛がフサフサ状態で発見や、エジプトもミイラも有名でツタンカーメンが知られてますが、残念ながら黄金のマスクはありませんでした
何千年も前に腐敗しない技法を考えたのが凄いと思い、エジプトは心臓だけを残し、鼻から脳、横腹から内臓、表面に特殊な油、塩などアヌビス神の仮面をかぶり70日もかけてミイラの完成と!
動物のミイラも展示してて、ハヤブサは太陽神
頭蓋骨に花の模様が描かれた物
オセアニアの部族のミイラは燻製のようにして作ってました
日本のミイラも展示してて、江戸時代の兄弟ミイラ
福島県の曹洞宗貫秀寺にある【即身仏 弘智法印 宥貞】は以前TVで知ってましたが、本物の即身仏が展示してて凄かったです!
DSCF7561 
ミイラ展巡回は東京が終了したら、3月25日~6月7日に熊本城ホール、7月4日~9月22日に福岡市博物館で開催します
【即身仏 弘智法印 宥貞】も展示されるかどうか??・・・
ミイラ展は人気すぎて平日でも凄い人でした
 
3月3日から国立西洋美術館で、
『ロンドン・ナショナル・ギャラリー展』開催です
DSCF7554 DSCF7563 DSCF7565 

2020/2/27 木曜日

未来と芸術

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:47:27

DSCF7506
【未来と芸術展】
AI、ロボット、都市、生命 明日どう生きるのか
 
進化が急速な現代、テクノロジーの発達でAI=人工知能で地球人の生活が便利になったけど、この先どうなるのか??
豊かさとは?、人間とは?、生命とは?の根源を考える最先端技術から出来たアート、デザイン、建築、医療のイメージを考えた展覧会

《山水都市リサーチ》
山水図でも有名な風景と現代都市が融合された新しい環境をイメージ
DSCF7507 DSCF7509  
 
《ポット・オフグリッド》
エネルギーやインフラに頼らない会場に浮かぶ都市
DSCF7512 DSCF7510  
 
《ポロ・シティ》
都市生活から隔離され、他の人から影響を受けない閉鎖的な都市
DSCF7513 DSCF7515 DSCF7518 
 
《ポップローチ》
好きな色の食用ゴッキーを作る合成生物学キット 
DSCF7536  
 
他にもいろんなイメージの都市、医療機械、生命体を作り出す機械、寿司マシーンなど変わったイメージデザインが沢山ありました
DSCF7522 DSCF7521 DSCF7525 DSCF7526
DSCF7533 DSCF7540 DSCF7542 DSCF7528 

 
六本木ヒルズ53階 森美術館で3月29日まで
※【天空ノ鉄道物語】に入ると【未来と芸術展】には無料で入館出来ます

夜は神田の紺屋町にある大衆中華『十八番』
安くてボリュームありの店で、テーブル席が10ぐらいある店ですが、腰が低すぎる大将が一人でキリモリの店
いろいろと食べたかったですが、一口餃子でも通常のサイズ!!
DSCF7553 DSCF7547 DSCF7552
美味かったです

2020/2/25 火曜日

六本木天空鉄道

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:46:28

DSCF7444
【天空ノ鉄道物語】
 
六本木ヒルズ森タワー52階が天空駅
JR7社、東京メトロ、東京都交通局、私鉄など全国の鉄道会社の全面協力特別展
 
鉄道博物館には展示してない古い貴重な品物、これからの鉄道などいろいろと展示
都営地下鉄で使われた天皇陛下記念乗車券、歴代の新幹線Nゲージ勢ぞろい、全国のJR制服、1964年からの時刻表の表紙すべて、段ボールの機関車、電車でGOなど
大人向けより、子供向けのような特別展でした
DSCF7446 DSCF7448 DSCF7450
DSCF7460DSCF7465 DSCF7468 DSCF7475 DSCF7493 


スカイギャラリーも行けて、52階からの展望も出来ます
DSCF7482 DSCF7504 DSCF7481
ガチャガチャコーヒーがあり、500円で好きなコーヒー豆を買い、セットして自分でドリップコーヒーもありました
DSCF7503 DSCF7498 DSCF7500 DSCF7501   

2020/2/23 日曜日

ロッシーニ・サウンド

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:05:14

DSCF7397
【オペラ喜劇 セビリアの理髪師】
 
クラシックオペラ、作曲ジョアキーノ・ロッシーニの人気オペラ
東京の新国立劇場で念願の『セビリアの理髪師』
 
《キャスト》
アルマヴィーヴァ伯爵/リンドーロ:ルネ・バルベラ
ロジーナ:脇園彩
バルトロ:パオロ・ボルドーニャ
フィガロ:フローリアン・センペイ
ドン・バジリオ:マルコ・スポッティ
ベルタ:加納悦子
フィオレッロ:吉川健一
隊長:木幡雅志
アンブロージォ:古川和彦

指揮:アントネッロ・アッレマンディ
演出:ヨーゼフ・E.ケップリンガー
管弦楽:東京交響楽団
合唱:新国立劇場合唱団
チェンバロ:小埜寺美樹
DSCF7571 

ストーリーは、アルマヴィーヴァ伯爵が町で見かけた美女ロジーナに惚れてセビリアに!
ロジーナの居る窓に向かって歌うが・・・ 伯爵の前に現れたのは、バルトロ家の理髪師の何でも屋のフィガロ!
伯爵は彼にロジーナの事を話して協力、バルトロの監視が厳しく自由がない・・・ ロジーナに自分は貧しい学生リンドーロだと身分を隠して手紙を渡し、喜んだロジーナ!
その後、ドタバタ劇が!
伯爵は夜中に迎えに行くとロジーナに伝え、バルトロは『リンドーロはおまえを伯爵に売るつもりだ』とロジーナに告げたらショックのロジーナはリンドーロから騙されたと思いバルトロとの結婚を承諾してしまい、伯爵とフィガロがロジーナを迎えに行くけど来ない・・・ そこでリンドーロは自分の正体を貧乏学生リンドーロではなく『伯爵です』と明かす。
驚き喜ぶロジーナ!
いろいろドタバタがあり、フィガロの機転で伯爵とロジーナの結婚契約書を作成し、伯爵だとわかったバルトロはついに観念し、伯爵とロジーナの結婚を認め、めでたく結ばれる物語

第1幕の2番でフィガロの登場でのオペラ『♪私は町の何でも屋』
オペラクラシックコンサートでもこの曲だけ単独で演奏されるぐらい人気のオペラで、このシーンの舞台を観たい為に喜劇 セビリアの理髪師に行って来ました!
すごく良かったです!オペラパレス会場中が大拍手!ブラボーでした
DSCF7383 DSCF7382 DSCF7400
3時間10分のオペラ舞台で最後のカーテンコールが終わらないぐらい盛り上がった舞台でした

5月は怖い舞台『サロメ』です
DSCF7393 DSCF7396  

2020/2/19 水曜日

九博刀剣ワールド

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:37:24

DSCF7375
【刀剣ことはじめ】
 
九州国立博物館と刀剣ワールド財団の所蔵してる日本刀の展示会
 
九州国立博物館/文化交流展示室/第9室だけなので展示数は15点のみ
 
国宝【太刀/銘来国光(めいらいくにみつ)】
真ん中ぐらいで反がカーブしたラインが美しく、徳川家から松平家を経て、第9代の内閣総理大臣、山縣有朋に渡ったあと明治天皇に献上された太刀
DSCF7352 DSCF7353 
・ 
重要文化財【短刀/銘来国光(めいらいくにみつ)】
織田信長の配下、塩河氏が所持していた名刀
DSCF7355 
・ 
【太刀/名一(めいいち)】
一文字派の『天下一』を意味した『一』の字が刻まれ、菊紋もある品のある太刀
DSCF7357 DSCF7358 
・ 
重要文化財【刀/吉岡一文字(よしおかいちもんじ)】
備前(岡山)で作られた刀で綺麗な刀紋が特徴
DSCF7360 
・ 
国宝【刀/無銘則房(むめいのりふさ)】
一文字派の代表的刀工で、三つ葉葵の紋章があり、徳川家ゆかりの刀
DSCF7362 DSCF7363 
・ 
重要文化財【太刀/銘備州長船住景光(めいびしゅうさおふねじゅうかげみつ)
徳川の三つ葉葵がある、刀工の名前が付けられたカゲミツの名がカッコいいです
DSCF7365 DSCF7366 
・   
日本刀の一番の美しさは反、外国は直刀です
他にツバ、刀紋、地鉄の鍛え肌、鞘の装飾など
DSCF7367 DSCF7369 DSCF7372 DSCF7371
九州国立博物館、文化交流展示室で2月24日まで

2020/2/13 木曜日

長崎市内

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:47:46

DSCF7335
【長崎市内】
DSCF7281 DSCF7283 DSCF7285
長崎県美術館から人気の店、めがね橋近くにある『共楽園』
メニューは少ないですが、チャンポン、そぼろ皿うどんを注文!+ごはん2杯注文で¥2000以下!安い
DSCF7311 DSCF7309 DSCF7310 
 
長崎駅前にある西坂公園に行き『日本二十六聖人殉教地』
1597年に秀吉の命令で20人の日本人、6人の外国人がキリシタン禁止令のために処刑された場所です・・・
DSCF7313 DSCF7318 DSCF7321 DSCF7314 
 
平和公園と爆心地公園
B29から原子爆弾ファットマンを投下され15万人の死傷者が出た場所です・・・
当時の地層がそのまま保存してあります・・・
DSCF7322 DSCF7326 DSCF7327 
DSCF7328 DSCF7332 DSCF7334
二十六聖人殉教地と平和公園は11月にローマ法王が来た場所でした  
 
ランタン祭りが開催してたようで、町のあちこちにありました 
DSCF7312 DSCF7308 
3年ぶりの長崎でした
   

2020/2/11 火曜日

荒木飛呂彦展

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:46:39

DSCF7287
【JOJO 冒険の波紋】
 
2018年12月に大阪で開催してた人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の原画展
1月から長崎でも開催してたので、また見てきました
 
1987年から少年ジャンプに連載、自分が10代の時に読んでた漫画で、30年以上経つ今でも人気の漫画JOJO
ストーリー、ファッション性、強烈なキャラクター、グロテスクホラー、ユーモア、カッコいい見せ方などインパクトある漫画で幅広い世代に人気
フランスのルーヴル美術館も認める荒木飛呂彦の描く芸術漫画
 
ジョースター家とディオ・ブランドーの100年以上続く因縁の戦いを描く漫画で、特殊な技『波紋』から『スタンド』という能力が出来る設定で、当時は他には見ないストーリーだったようで、今ではJOJOをヒントにいろんな漫画が『能力者』という設定が多いので、能力者マンガのきっかけになったような漫画かなと!?
DSCF7295 DSCF7290 DSCF7293 DSCF7297
朝早く会場に着きましたが、入場待ちで30分待ち・・・
流石に人気でした!
大阪会場は時間、日にち指定だったので人も少なくゆっくり見れましたが、長崎は違ったので会場内は多かったです・・・
DSCF7306 DSCF7301 DSCF7302  
【JOJO 荒木飛呂彦原画展】は長崎県美術館で3月29日まで開催!

次ページへ »

HTML convert time: 0.189 sec. Powered by WordPress ME