2017/6/2 金曜日

宮島

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:41:54

CIMG0365 CIMG0432
次の朝、宮島まで!
 
松島・天橋立・宮島の日本三景
宮島と言えば世界遺産:厳島神社! 初上陸です・・・
平清盛の大河ドラマの時も盛り上がっていたんでしょうが、月曜の朝で沢山の人の多さ!
自分が行った日は中潮の満ちてる時でしたが、温暖化の影響でスーパームーンの満潮時は床まで水に浸かるそうです!
CIMG0433CIMG0380CIMG0401CIMG0407
CIMG0411CIMG0413CIMG0403CIMG0414
他、大願寺や千畳閣!
千畳閣は大きい柱の凄さと、広さが畳857枚分だそうで、中央に神座がありました。
CIMG0416CIMG0412CIMG0418CIMG0417
CIMG0419CIMG0420CIMG0421CIMG0424

広島市内と呉市は外国からの観光客も多く、盛り上がってます。
帰る前にお好み焼き食べて、久留米まで。
CIMG0366 CIMG0435 CIMG0244

2017/6/1 木曜日

呉市~広島市内

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:16:28

CIMG0245 CIMG0247
呉市まで海上自衛隊艦船めぐり!
呉駅前の大和ミュージアム横の桟橋ターミナルから乗船!
クルーズ範囲が狭く、30分間の乗船・・・
停泊艦船は14機のヘリが搭載できる護衛艦『かが』、魚雷搭載の護衛艦『うみぎり』、『さみだれ』、『いなずま』、潜水艦に緊急事態があった時に助けに行く潜水艦救難艦『ちはや』、潜水艦が5隻など、そんなに沢山は停泊してませんでした・・・
だいたいの艦船がミサイルランチャーやコンパクト砲や小型機関砲が装備されてます。
CIMG0316CIMG0279CIMG0278CIMG0282
CIMG0289CIMG0287CIMG0294CIMG0296
佐世保は米軍と海上自衛隊が同じ湾にあるのでクルーズ範囲が広いですが、呉は一箇所に停泊しての説明だったので30分で終了・・・

CIMG0255 CIMG0259
軍港めぐりして、横にある【大和ミュージアム】に!
呉と言えば、当時は世界最強の不沈艦と呼ばれた『戦艦 大和』が造られた場所!
前回も行きましたが、せっかくなので10分の1スケールとは言え迫力の戦艦大和模型を見なくては!!
司令長官、山本五十六大将も乗船した大和! 沈没前の最終装備、レイテ沖海戦の兵装!
CIMG0318CIMG0327CIMG0326CIMG0345

特攻になった『零式艦上戦闘機:六二型』や人間魚雷と言われた『回天』、『海龍』
CIMG0335CIMG0331CIMG0338CIMG0341

CIMG0364 CIMG0436
呉から広島市内まで行き、広島城、ひろしま美術館、世界遺産:原爆ドーム、広島平和記念公園と巡って、ホテルまで 
CIMG0347 CIMG0350 CIMG0356
CIMG0359 CIMG0360 CIMG0363

2017/5/24 水曜日

SUPER GT

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:18:49

 CIMG0004
【スーパーGT 第3戦 オートポリス】
 
何年ぶりかのGT戦を観戦!
一般の市販者をベースに国産から外車の15車種、500クラスと300クラス合わせて45台のレーシングマシンに改造した一番人気のツーリングカーレース!! 観客動員数が決勝日だけで24000人以上!! 前日の動員数を合わせると38000人以上と沢山の人と車で駐車場に止めるのも一苦労・・・
 
イベント広場でB級グルメや各車両メーカーやパーツメーカーのブースもあり、いろいろと楽しめるイベントも!
CIMG0017 CIMG0015 CIMG0022
CIMG0035 CIMG0054 CIMG0133
決勝レース
CIMG0136 CIMG0158 CIMG0171
目の前を通過する時の爆音が凄いんです。
CIMG0195 CIMG0179 CIMG0233
帰りは早めにレース場を出て久留米まで!

2017/5/21 日曜日

ハナミズキ

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:04:56

DSCF1040 DSCF1037
【ホタルと石橋の里公園】 
 
八女市のホタルで有名な上陽町にある【ホタルと石橋の里公園】でハナミズキが咲いとりました。
原産がアメリカらしく、花が咲く事が難しいようで、何年たっても咲かなかったり、たくさん咲いたと思ったら、次の年は全く咲かないなど
歌で有名な『花水木』、店名でもよく付けられてる『花水木』など、よく耳にするので、上陽町までちょっと見に行ってみようと!
2015年10月にアメリカから贈られた植木らしく、上陽町と関係ある方らしいです。
ホタルと石橋の里公園に20本ぐらい並んでましたげど2本の木だけが咲いてただけでした。
DSCF1068DSCF1052DSCF1046DSCF1069
DSCF1049 DSCF1066 DSCF1065 DSCF1073

ホタルと石橋の館の方は、ホタル飼育と資料館がありました。
DSCF1079DSCF1034DSCF1035DSCF1082

2017/5/18 木曜日

舞台 ハムレット

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:06:34

DSCF1022 DSCF1023
【ハムレット】
 
北九州芸術劇場まで!
NINAGAWA×シェイクスピアではなく、今回は舞台で有名なヴィクトル・ユゴー作『レ・ミゼラブル』の代表作を演出した:ジョン・ケアードの『ハムレット』
舞台装置はシンプルで何もない四角の舞台をライティングとカーテンのみで演出!
俳優さんの衣装は、男性が和の感じで、女性が白いドレスと和と洋の混合した感じで、音楽・演奏は藤原道山!
出演は
ハムレット/フォーティンブラス:内野聖陽
クローディアス/亡霊:國村隼
オフィーリア/オズリック:貫地谷しほり
ガートルード:浅野ゆう子
墓掘り/旅役者/コーネリアス/隊長:村井國夫
など他、ハムレットは30人以上登場するストーリーですが、1人で何役かを演じて総勢14人で舞台を完成させてました。
セリフは読んだ本と殆ど同じようでしたが、悩んだハムレットが言った有名な『生きるべきか、死ぬべきか・・・、それが問題だ・・・』は言わなかったです・・・
それと、ハムレットがオフィーリアに言う有名セリフで『尼寺へ行け!』は『尼僧院へ行け!』は意味は同じですが『にそういん』と!
W・シェークスピアの四大悲劇のラストは、クローディアスの陰謀で次々と毒で・・・
 
好きな有名小説なので、楽しめました。

帰る前に、大衆な店にちょっとだけ寄り、一杯
DSCF1024 DSCF1031 DSCF1032 

2017/5/15 月曜日

ルーヴル No.9

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:43:20

DSCF1002
【LOUVRE No.9 ルーヴルが欲しがった漫画
 
ルーヴル美術館特別展【LOUVRE No.9】とは!?
今まで美術館や博物館などで芸術として認められ展示してる物は、《古代ギリシャ・ローマ・エトルリア》、《古代オリエント》、《古代エジプト》、《イスラム》、《彫刻》、《工芸》、《素描=デッサン・版画》、《絵画》の8つの芸術項目でしたが、世界三大美術館の1つと言われるフランスのルーヴル美術館が2005年から『BDプロジェクト』=bande dessinée バンドデシネプロジェクトというのが始まり、1793年開館から200年以上の歴史を持つルーヴル美術館が認めた9番目の芸術が《漫画》、マンガが凄い現代アートだという事で、今回は世界中で活躍してる人気マンガ家に何年も前から依頼し、皆さんアニメを描くために何度もルーヴル美術館に足を運んで構想を練り、ルーヴルに関連したマンガを完成させたそうです。
 
日本からは古代ローマ『テルマエ・ロマエ』のヤマザキ・マリさん、好きなご長寿マンガ、スタンド使い『ジョジョの奇妙な冒険』の荒木飛呂彦さん、美味いもの漫画『孤独のグルメ』の作画を担当した谷口ジローさん、谷口さんは今年の2月に他界されました・・・、漫画家であり特撮のコスチュームデザインも手掛けてる寺田克也さんなど、日本人7人と外国人9人の漫画芸術が展示してます!
DSCF0990 DSCF0992

会場に入るとルーヴルではモナリザの次ぐらい有名な『サモトラケのニケ』サモトラケ島で見つかった作者不明の勝利の女神像の原寸大レプリカが漫画に囲まれて立ってます!
レプリカですが、原寸大なのでちょっと感激しました!
DSCF0994 DSCF0997 DSCF0999

クリスティアン・デュリユー作『魔法』はダヴィットの《ナポレオンの戴冠式》が登場
エンキ・ビラル作『ルーヴルの亡霊たち』は全ての作品には霊が宿ってると・・・
ヤマザキ・マリ作『美術館のパルミラ』はISから破壊された遺跡を守る考古学者の話
荒木飛呂彦作『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』はヘブンズドアーのスタンド使い、岸辺露伴が女性を追ってルーヴルへ! そこに黒い絵が!・・・、岸辺露伴が《瀕死の奴隷》の彫刻と同じポーズのジョジョポーズもあり!
ダヴィッド・プリュドム作『ルーヴル横断』はルーヴルに来てる観客が作品と同じ仕草をしてる事に気付き、それを漫画に! 言われてみればそうです漫画でした

というようなルーブルと漫画のコラボ作品で、会場内は漫画の中に入り込んだような展示でした!

有料ですが、音声ガイドのナビゲーターは人気の声優、神谷浩史さんです。
有名CVでは《進撃の巨人:リヴァイ》 《ONE PIECE:トラファルガー・ロー》 《ボボボーボ・ボーボボ:ヤシの実マン》などなど沢山です。

 
漫画でルーヴルを題材にし、いろんな作品が何気に登場や芸術の勉強にもなるようなマンガ展でした。
 
第二次世界大戦ではナチスから作品を守り、激動な復活をした芸術の最高峰と言われるLOUVRE美術館がマンガに興味を持ち、イラスト、表現力、ストーリーと、日本の漫画家を認めてるぐらいなので、日本のマンガアートレベルは高いのでしょう!!
 
世界中で知られてる日本人漫画家は『ドラゴンボール』の鳥山明先生、『うる星やつら』の高橋留美子先生、『ドラえもん』の藤子不二雄先生のお二人や他にも沢山いますが、最も有名で1番に名前が上がるのは『鉄腕アトム』『火の鳥』『どろろ』『アドルフに告ぐ』など沢山の有名作品を描いた手塚治虫先生でしょ!
 
福岡アジア美術館で5月28日まで!

DSCF1003

2017/5/11 木曜日

ワイルド・スピード  8

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:02:00

わいすぴ 【ワイルド・スピード  ICE BREAK】 
 
カーアクションが人気の映画、ワイルド・スピードシリーズの8作目!
アクションの見せ方が面白く、毎回、作品ごとに車の大破の数、撮影場所など、どんどん派手になって、何百台壊したのか??・・・
スーパーハッカーや潜水艦、ミサイルランチャーなど、もう戦争状態で、世界征服出来るレベルに上がってました。
1作目から17年目! 主役のヴィン・ディーゼルさんも、いいオジサン年齢ですね
 
映画で使用されたドミニク運転のダッジ アイス チャージャーも見て来ました。
ド派手なカスタムで、後ろのジェットエンジンかタービンかのような物体は何かと思ったら、映画みたら電磁パルス砲と言う武器でした。

DSCF0809DSCF0807DSCF0803DSCF0806

DSCF0812DSCF0814DSCF0816DSCF0819

2017/5/7 日曜日

石橋文化センター

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:24:35

DSCF0910
石橋文化センター園内で『春のバラフェア』開催中です。
行った時は満開状態で、一番いい見ごろの時でした!
ハイブリットタイプの種類が多いので、プリンセス名や有名画家などの名前が付いた種類も沢山で約400品種が園内に咲いてます。
DSCF0911DSCF0917DSCF0919DSCF0921
DSCF0927DSCF0929DSCF0937DSCF0951

DSCF0955DSCF0956DSCF0943DSCF0970
 
園内のバラ園や美術館1階ではバラに関する植えかた育て方、アート、苗木即売、アレンジメント、ガーデンガイド、アクセサリー製作など、音楽コンサート、いろんな店のテント販売など連休中でもあり、沢山の人で賑わってました(^^)/
DSCF0962DSCF0966DSCF0965DSCF0950

今、美術館では【川端康成 美と文学の森】開催です。
DSCF0963DSCF0964
 
次回6月から【夢の美術館】です。
リニューアル中で休館の福岡市美術館と北九州市立美術館の名品コレクションを展示します。
DSCF0973   

2017/5/3 水曜日

ポンペイ展

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:54:21

DSCF0874 DSCF0877
 【世界遺産 ポンペイの壁画展】
 
福岡市博物館で開催中のポンペイ壁画展。
ポンペイ展は何度も開催し、そのままの人型、豪華な生活の様子、追い炊き機能付き風呂などの展示でしたが、今回は壁画だけの展示です。
家の壁に描かれた豪華な模様、ケンタウロスやゼウスなど神話の絵や当時の絵を描く為のコンパス、曲尺、直線を描くための糸が付いた駒のような道具も展示!
好きな古代ローマ物の映画で有名な『ベン・ハー』で登場する大競馬!戦車競争の絵もありました。ベン・ハーvsメッサラの勝負を思い出します。
DSCF0886DSCF0882DSCF0883DSCF0894
DSCF0896DSCF0892DSCF0889DSCF0899
『テルマエ・ロマエ』の漫画家、ヤマザキ マリさん、とり・みきさん描いた絵も!
DSCF0895
今回、周りに迷惑が掛からないよう、フラッシュ無しで撮影OKでしたので数枚だけ写して来ました。
DSCF0901 6月18日(日)まで
 
次回は『ファラオとピラミッド展』です
DSCF0900

2017/4/29 土曜日

美女と野獣

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:08:01

1美女と野獣 【美女と野獣】

2014年にも実写版で公開され良かったですが、前回の2014年のは美女と野獣を元にしたような作品でしたが、今回はディズニーアニメにちょい演出を足し、そのままの実写版にしたディズニー映画でした!
アニメ、舞台、映画など何度も見てるのでストーリー、音楽などはお馴染みで、年齢は関係なく、最初から最後エンドクレジットまで大変楽しめる映画になってました。
凄く良く、何回も見れる作品でした。

« 前ページへ次ページへ »

HTML convert time: 0.654 sec. Powered by WordPress ME