2018/9/11 火曜日

小倉駐屯地創立62周年記念

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:56:19

CIMG1989
【小倉駐屯地創立62周年記念】
 

JRA小倉競馬場前にある小倉駐屯地で陸上自衛隊の記念イベントに
築城基地からF‐2支援戦闘機が観覧行進で上空を飛行するので朝から行きましたけど、・・・
隊員の方に聞いたら、今日は雨で戦闘機もヘリコプターも中止と・・・

今年は築城基地航空祭が行われないかもなので、最初にF‐2も飛んで来るならと行きましたが・・・
戦闘機とヘリは残念ですが、模擬訓練、自衛隊車両体験搭乗、車両装備品展示もあり迫力があります 
 
隊員勢ぞろいの観覧式
CIMG1992 CIMG2018 CIMG2052

そして、行進パレード
観に来てる観客たちは軍事マニアや自衛隊好き、車両好きな人たちも多く、家族連れの方の子供も喜んで見てる人が多かったです。隊員といろんな自衛隊特殊車両 
CIMG2021 CIMG2026 CIMG2036 CIMG2044 
 
メインイベントの模擬訓練
マシンガンや装甲車、大砲などで、敵地を制圧する設定で有刺鉄線のバリケードを破って、音だけの弾や空砲などを使い、迫力ある自衛隊の姿を見れます。
日頃の厳しい訓練の成果だと思います。
CIMG2053 CIMG2055 CIMG2058 CIMG2061
CIMG2090 CIMG2069 CIMG2078 CIMG2088

体験搭乗はCCV(指揮通信車)と高機動車
CCV=コマンダーと言われる装甲車はV10気筒エンジン、6輪駆動の約1億円!
高機動車はトヨタ製のメガクルーザーですね!
両方、搭乗体験です
CIMG2001 CIMG2105 CIMG2002 CIMG2099 
CIMG1994 CIMG2098 CIMG2097 
 
ブルーインパルスのパイロットになった気分が味わえる、360度のバーチャル体験は凄かったですが、ずっと見てたら気分が悪くなりそうでした・・・
地対空誘導弾ホーク、ペトリオット迎撃ミサイル、水陸量両車、大砲などいろいろと最後に車両を見て、終了。
CIMG2123 CIMG2116 CIMG2109 CIMG2108
CIMG2122 CIMG2120 CIMG2115 CIMG1995
 
小倉から久々に乗った新幹線レールスター700系
CIMG1984 CIMG1983 CIMG1981

2018/8/31 金曜日

宇美八幡宮

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:25:34

CIMG1946 CIMG1959 【宇美八幡宮】
 
櫓見学してから、帰りの県道沿いに宇美八幡宮があるので、せっかくだから立ち寄りに
神功皇后・應神天皇の母子神、玉依姫命、住吉大神、伊弉諾尊の五柱が祀られてるという、子安の杜と書いてたので安産祈願や育児などに御利益がある神社でした。
有名らしく、参拝者もボチボチと
CIMG1947 CIMG1948 CIMG1949 CIMG1953

すごい大きい、ご神木の大楠・衣掛の森が樹齢2000年以上でデカかったです!
CIMG1950 CIMG1952 CIMG1951

歩いて5分の奥の院まで
CIMG1954 CIMG1955 CIMG1956 CIMG1957

 

2018/8/30 木曜日

旧志免鉱業所竪坑櫓

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:51:50

CIMG1943 CIMG1933 【志免鉱業所竪坑櫓】
 
志免町にある炭鉱跡の竪坑櫓
鉄筋コンクリート造の8階に相当する当時の地下から石炭や炭坑員を上げ下げしてた国指定重要文化財
いつ崩れ落ちるかわからないので回りはフェンスで近づけませんが、一度は見てみたいと思い、立ち寄って来ました
大牟田のように巻き上げ機の滑車は、すでに取り外されてるようで、見当たりませんでしたが、長崎の軍艦島の廃墟ビルのような感じでした。
周りにライトがあったので夜はライトUPされるようです。
CIMG1941 CIMG1942 CIMG1940 CIMG1937

2018/8/29 水曜日

海洋堂in九産大

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:51:13

CIMG1834 CIMG1835 【海洋堂展】
 
世界でも有名なイギリスの大英博物館もリアルさと精密さで公認してる日本のフィギュア=スーパー造形集団
《 KAIYODO 》 海洋堂の歴史と作品を紹介した展覧会が福岡の九州産業大学の造形大学部で展示!
海洋堂の作品は造形、塗装と世界的に凄いプロ集団で自分も海洋堂ファンなので見に行って来ました!
 
創業者の宮脇修が大阪で1964年にプラモデル店【海洋堂】から始め、当時からマニアックなジオラマ、模型など奇抜なデザインで日本一プラ模型を売る店で人気店に!
自主制作の模型を次から次に作り、すでに有名だったプラモデルと言えば《イマイ科学》の模型を指導するなど、当時から宮脇式造形技術が認められてたんです!
CIMG1837 - コピー CIMG1837 

狭い会場に展示作品数は、なんと2500点!!
小さいペットボトルキャップフィギュアから等身大フィギュアまで特撮ヒーロー、妖怪、恐竜、アニキャラ、考古学、有名博物館彫刻などなど、いろんな物や、あんな物、こんな造型まで!?と言いたくなるぐらいのマニアックな芸術作品!
顕微鏡を見ながら作るぐらい細かい造型技術、塗装技術と妥協ナシの全ての作品が凄すぎです!!
 
入口には世紀末救世主、北斗神拳伝承者のケンシロウ!
会場内、目の前に800万円の十代目:松本幸四郎=市川染五郎の等身大フィギュア
当時のハンドスプレーやプラモデル、海洋堂PR雑誌など
CIMG1925 CIMG1840 CIMG1838 CIMG1842

世界でも有名な現代アーティストの村上隆とコラボ作品を作った原型師のボーメの作品はクリスティーズオークションで6800万円で落札された等身大の女性フィギュアのミニ版
東京国立博物館も認める造形師、木下隆志作品の仏像やウルトラマンの本物と変わらない着ぐるみのシワ感とボデーライン感
複雑なロボキャラ、エヴァンゲリオンやメカ物の精密さが得意の造形師、谷明の作品
爬虫類系が得意とする女性造形師の清水ゆう子作品は本物と見間違えるぐらいのクオリティー
古代の化石で有名な始祖鳥は、羽の1枚1枚こだわりの造形師、吉田悟郎の作品
全て、凄いスーパー造形師の作品なんです!
CIMG1853 CIMG1860 CIMG1862 CIMG1863 CIMG1888
CIMG1884 CIMG1879 CIMG1868 CIMG1869

他にも何人か、スーパー造形師、スーパー原型師、スーパー塗装師が作った驚く物をいろいろ展示してます!
造形技術が凄くても、塗装がよろしくなかったら台無しなので、全てが完璧でないと世界からも認められないんです!
CIMG1889 CIMG1905 CIMG1848 CIMG1904
CIMG1916 CIMG1923 CIMG1922 CIMG1913 CIMG1856 

会場の前にはガチャポンが並んでて、伊藤若冲の描いた花、仏像四天王などマニアックな物が入ってます。
 
自分も細かい物を作るのが好きなので、海洋堂のこだわりの芸術作品は見てて飽きないぐらい好きです
CIMG1918 CIMG1914 CIMG1917 
九州産業大学16号館2階で9月12まで展示中です!
アクセスは都市高速の香椎東IC下車、横です。


CIMG1927 【ZO‐TAN 50th】
 
あと、向かいの中央会館1階で学生達のイラスト、絵画、彫刻、陶芸、写真、グラフィックなどを展示してます。

九産大は綺麗なキャンパスでよく手入れされてて、緑も沢山あり、洒落た大学のイメージでした。
CIMG1828 CIMG1832 CIMG1829 CIMG1928

2018/8/25 土曜日

新海誠展

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:40:20

DSCF6250 【新海誠展】
 
2016年、日本アニメ映画歴代2位になった『君の名は。』
アニメーション監督:新海誠の原画展

昨年から全国巡回してて、福岡は小倉で開催してました。
沢山の賞を受賞してる新海誠映画は全部は見てませんが、劇場の6作品のうち3作品を観たので行って来ました。
ゲーム開発の仕事をしてて、自分のイメージしたアニメーションを作りたい!から始まり、無職状態で自主制作アニメーションを!
初の劇場作品の『ほしのこえ』から『雲のむこう、約束の場所』、『秒速5センチメートル』、『星を追う子供』、『言の葉の庭』、大ヒットの世界アニメ映画歴代3位の『君の名は。』までの製作秘話や背景の美しさのこだわり、イメージスケッチ、絵コンテ、主題歌、有名映像シーンなどを紹介してます。
ちなみにアニメーション映画世界歴代1位は、圧倒的興行収入の宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』ですね 

DSCF6247 DSCF6246 DSCF6245
北九州市漫画ミュージアムで9月24日まで

 

夕方、旦過市場でちょい飲み出来るかと行ったら、すでに閉店時間でみんな閉まってました・・・
北九州市小倉駅周辺など古い場所が取り壊され、近代建築になっていく中、100年続く旦過市場も、取り壊しで新しくなるそうですが、こんなレトロな風景の旦過の背景もなくなります・・・
川の中に柱など、こんな景色と建築は今後、観れなくなると思います・・・
DSCF6257 DSCF6254 DSCF6264 DSCF6262

帰りは久々に乗りました、こだま500系
DSCF6270 DSCF6267 DSCF6271

 

2018/8/24 金曜日

出光美術館 門司

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:28:11

DSCF6240 【ジョルジュ・ルオー展】
 
別展示室でルオー展してました
ルオー所蔵数は汐留のパナソニックミュージアムが有名ですが、出光美術館も何十点か所蔵してるようで、今回は15点ほど展示!
イエスの顔など新約聖書の絵が多いんです。
展示作品は、成人してからのイエスの受難・・・、 時は来た・・・、 当時のローマ帝国の皇帝の次に偉い№2の総督ポンティウス・ピラトゥスから・・・、 イエスが裁判にかけられ十字架を担いでゴルタゴの丘まで・・・、 ヨハネと3人が磔刑に・・・、 イエスの血が大地と川に流れ信仰者の罪と病を拭い去る・・・、 イエスは3日後に復活・・・、 神となり昇天・・・
展示の順番が物語りと同じように展示されてて、古い映画のベン・ハーも思い出しました。
 
1階は海賊とよばれた男、出光商会創業者の出光佐三の歴史資料展示室になってます。
 DSCF6238 DSCF6239

1914年、大正時代からのレトロ駅舎、門司港駅
2012年9月から改修工事されてる門司港駅は以前行った時に外観は見れませんでしたが、上の部分が見えるようになってました!

完成は2019年3月に完成予定です。
DSCF6244 DSCF6226

2018/8/23 木曜日

出光美術館 門司

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:12:59

DSCF6227 【祈りのかたち 仏教美術入門】
 
門司港駅のから歩いて5分の出光美術館
仏の種類=如来、菩薩、明王、天部
展示作品の数は少ないですが全40点で、日本、中国、パキスタン、朝鮮の仏教美術を展示
外国の仏像は、石造やブロンズなどが殆どですが、日本の仏像は木造が多く、展示品は四天王の2人、増長天像と持国天像が玉眼入りで綺麗でした。
曼荼羅図、愛染明王図、不動明王図など、凄かったのが『六道・十王図』が全6枚展示してて、あの世で閻魔王ほか9人の王が、地獄道・人道・畜生道・修羅道・天道・餓鬼道の裁きを言い渡し、異界で鬼が罰を与えてる様子の絵が6枚展示が凄かったです!
ノコギリで何回も切られる罰、溶かした鉄の液体を口から入れられる罰、永遠の争いの罰、考えも何もない無の罰などなど・・・
外国の最後の審判や死者の書など考え方は同じです・・・
DSCF6236 DSCF6241
祈りのかたち展は9月2日まで開催です。

2018/8/18 土曜日

千手観音とボディーガード

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:48:36

DSCF6210 DSCF6186
【京都 仁和寺 観音堂 ~千手観音像とその仲間たち~】
 
今年2月に東京国立博物館で開催してた【仁和寺と御室派のみほとけ 天平と真言密教の名宝】で展示してた仁和寺観音堂の仏像が九州国立博物館に特別展示してたので観て来ました!
東京の時は凄い人の数でゆっくり見れませんでしたが、九博では特別展準備中で何も無く、4階の文化交流展示室の1室だけの展示なので、知らない人も多いのか、人も少なく、じっくりと1時間ぐらい眺めてられました。
この日は、京都仁和寺から修行僧の管理リーダーが来てて30分の仁和寺トークでした。
DSCF6206 DSCF6208 DSCF6198 
観音堂の再建が1644年! 天漏れ、腐食などが進み、大改修のために全仏像が外に出されたのが370年ぶりだそうです!
仁和寺は弘法大師 空海を宗祖とする真言宗で、開祖が宇田天皇!天皇ゆかりの寺、元号の仁和4年(888年)から仁和寺と付けられ、別称:御室(おむろ)なので御室派と!
今回の大改修工事が完成すると、仏像から1mの目の前で見ることが出来ないそうです。
もちろん触れませんが、手が届く距離で見れるのが今だけです!!

十一面千手千眼観音菩薩立像と眷属二十八部衆、風神、雷神、脇侍に不動明王立像&降三世明王の全33体!
勢ぞろいの傑作品がカッコいいし、千手観音の光背のデザインも美しいんです!
観音堂の内部に日が当たらないので仏像の色も綺麗に残ってます。
DSCF6190DSCF6202DSCF6189
千手観音、迦楼羅王、婆藪仙人、雷神、難陀龍王
DSCF6193 DSCF6192 DSCF6194 DSCF6196 DSCF6191
そして、ここでも写真撮影OKで、仁和寺の僧侶が是非、SNSで配信して仁和寺の宣伝と多くの方に足を運んでいただくようにお願いしますと
 
約400年前の芸術的な仏像33体が9月2日まで展示中です。
 

2018/8/12 日曜日

8つのフーガ

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:03:20

DSCF6176 【名画が奏でるつのフーガ】
 
ブリジストンコレクション所蔵の西洋美術と日本洋画を8つのテーマごとに展示
①:セザンヌの山、 ②:モネの水面、 ③:ルノワールの少女、 ④:青木繁の神話、 ⑤:坂本繁二郎の馬、 ⑥:マティスの裸婦、 ⑦藤島武二の女性、 ⑧:ザオ・ウーキーの風景の1枚の絵から関連する作品のつながりの絵
石橋美術館の時からよく見てた作品で青木繁『わだつみのいろこの宮』、坂本繁二郎『放牧三馬』、黒田清輝『針仕事』なども展示してますが、今回の人気作品は、西洋美術のルノワール『すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢』、モネの青っぽい色の『睡蓮』、オレンジ色の風景の『黄昏、ヴェネツィア』、セザンヌが勝利の山を描いた『サント=ヴィクトワール山』など初めての展示作品もあり、全部で96点を展示してます。
 
DSCF6179 DSCF6177 DSCF6178 
久留米市美術館で世界絵本原画展も9月9日まで開催です。 

2018/8/7 火曜日

幽霊・妖怪

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:47:02

DSCF6223 【幽霊・妖怪画の世界】
 
春信展と同時に開催される福岡市博物館所蔵の幽霊画展
子供の時に家にあった妖怪図鑑に載ってた絵も何枚もありました
外国の神話の『ユディト』のような凄い絵もありますが、ユーモラスの絵も多く、展示数が50点ちょいなので、短時間で気軽に観れます。
DSCF6212 DSCF6214
DSCF6219 DSCF6218 DSCF6216
なぜか、撮影OKでした
DSCF6224

« 前ページへ次ページへ »

HTML convert time: 2.661 sec. Powered by WordPress ME