2017/10/24 火曜日

若冲と京の美術

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:12:07

DSCF4084

DSCF4047
若冲美術 ~細見コレクションの精華~】

 
熊本地震で耐震工事の為、休館してた熊本県立美術館まで!
江戸時代に活躍した現代でも人気の絵師、伊藤若冲という事で熊本まで!
県立美術館の来館はルオー展からの2年ぶりに行きましたが外観や館内は殆ど変化がないように思えました。
大阪の実業家、古香庵の細見さんという方のコレクションで、展示作品は若冲を中心に桃山時代、江戸時代に作られた京都の名所、東山、四条河原町、遊楽図などの金屏風絵、(書)本阿弥光悦と(絵)俵屋宗達のコラボ掛け軸、四角い作品が多い尾形乾山の四角皿、兄の尾形光琳の墨絵、70歳で秀吉の命令で自害した千利休が所有してた、お香を入れておく小さな壺の香合が3種類、秀吉の直筆書、作者不明の蒔絵重箱、かるた、そして伊藤若冲が15点ぐらいで有名な鶏の鮮やかな作品は1点のみで他は墨絵が殆どでしたが、墨の黒だけで薄い黒から濃い黒まで基本色の%の違いの黒を沢山使ってました
実家が八百屋さんだった若冲ですが里芋の絵が1点で、他は動物が多かったです。
DSCF4050 DSCF4046 DSCF4049 

2017/10/20 金曜日

新 桃山展

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:04:10

桃山展
【新 桃山展 「大航海時代の日本美術」】
 
九州国立博物館で始まった安土桃山時代を中心とする日本美術と外国との文化交流の歴史展
信長、秀吉、家康と天下人も気に入ってた名品を展示!
10月14日から始まり、11月26日までの間に6回の入れ替えがあり、有名作品も多数なので、展示期間中じゃないと観る機会がないので、1回目は日本美術では殆どの本に載ってるぐらいの作品で、信長、秀吉の御用絵師:狩野永徳の【唐獅子図屏風】 普段は宮内庁にあるので、なかなか展示しないのです!
それと、国宝の【花鳥図襖】 この作品も永徳の作品で、京都の聚光院所蔵なのですが、寺内の立ち入りが公開されてないので観る事が出来ない作品なんです。
80年ぶりの公開という狩野内膳筆【南蛮屏風なんばんびょうぶ】
他には茶の神様ぐらいの存在の千利休が持ってたという、舶来製の【南蛮毛織水指なんばんもうるみずさし】
京都、高台寺所蔵の有名な豊臣秀吉像の掛け軸などを展示。

それと期間中は館内入口すぐ横に、当時、移動可能な組み立て式、秀吉の黄金の茶室のレプリカも展示してます。
金箔で飾られた赤と金のピカピカ茶室!
DSCF4038 DSCF4039 DSCF4041

桃山展の上の階にある文化交流展示室基本展示室で大分県国東半島の寺院の仏像、伝統ある神楽の行事などを紹介する『六郷満山展 ~神と仏と鬼の郷~』が開催してます。
DSCF4034

日曜に行きましたけど、思ったより人が少なくてゆっくり観れました。
DSCF4042 DSCF4043 DSCF4044

2017/10/16 月曜日

アウトレイジ 最終章

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:05:05

アウトレイジ最終章 【アウトレイジ 最終章】
 
北野武監督・主演・脚本の映画、アウトレイジの最終章・・・
裏社会の人たちの抗争を描いたバイオレンス映画で1作目、2作目と観に行ってたので、今回も観て来ました。
1作目から出演してた塩見三省さんも出てましたが、2作目も迫力あったんですが、今回の塩見さんは病気だったみたいで、激ヤセして本当に杖じゃないと立てない感じに見えました・・・
以前のような体調に戻るといいですが・・・
最終章は1作目、2作目より控えめに思えました。
 

2017/10/11 水曜日

九州歴史資料館

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:37:39

DSCF4016
『五ヶ山ダム 山のくらし、いのり、そして埋蔵』
 
天神大牟田線:三国ヶ丘駅近く小郡にある歴史資料館で以前、見に行った建設中の五ヶ山ダムだったので久々に歴史資料館に!
この辺は南畑ダムから五ヶ山ダム建設現場周辺に五箇所の村で五ヶ山地区だったようで、建設中に出た出土品を展示。
殆ど、器などが多く、コツコツと貯金をしてたと思う、土の中に埋まってた壺に入った沢山の古銭などを展示。 貯金も大事ですけど、お金は適度に使わないとね・・・
五ヶ山は1200年ぐらいの茶を伝えた臨済宗の開祖、栄西が持って来た銘茶『五ヶ山茶』で当時は有名だったようです。
DSCF4017 DSCF4022 DSCF4018 
 
九州歴史資料館は建物もいい感じの作りで、コンクリートとガラスの和風デザインで中庭を囲む作りです。
2011年度グッドデザイン賞にも撰ばれた建築物なんです。
DSCF4014 DSCF4015 DSCF4025
資料館の裏に何か出来るようです。
DSCF4026  

2017/10/5 木曜日

リトルマーメード

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:07:04

DSCF4007 【劇団四季ミュージカル リトルマーメード】

ディズニーアニメ映画のブロードウェイミュージカル 

海の中をイメージさせる舞台演出はワイヤーを沢山使い、衣装も凄く軽そうな生地でフワフワと水中を泳いでる感じでした
セットも大掛かりで、魚の大群やアースラのタコ足、衣装、俳優さんたちの歌声も、もちろん凄く、動きなどリトルマーメードも凄く楽しめました。
ストーリーは本来のアニメ映画とは少し違う箇所もあったんですけど、舞台好きなので良かったです!
 
福岡公演は友達がカモメのスカットル役で出演してたのですが、3週間ぐらい前に急遽、別の公演にということで・・・
別の方がスカットル役でした。
アニメの方の声優さんは昨年、亡くなったドラえもんの骨川スネ夫役だった肝付兼太さんでしたね・・・
福岡は来年の2月まで公演が決まってるので、友達が福岡に帰って来る日があれば、また観に行こうと思います。
DSCF4010 DSCF4005 

夜はお客さんたちと合流し、渡辺通り1丁目信号近くの『焼き鳥 弥七』で!
メニューも沢山あり、¥4000飲み放題コースでしたが焼き鳥も沢山食べれて、モツ鍋も美味しかったです。
人気店らしく、満席状態でした!
2015-07-16_090005[1] DSCF4012

2軒目はワインバーまで
『Bar a vin Ratafia FUKUOKA』
ラタフィアという店で赤ワインとチーズ。
有名な方みたいで、女性シニアソムリエのお店、最初はバーテンダーとしてバーテンダー協会の福岡支部に入会してたそうです。
その後、フランスに渡り、ワインの勉強してソムリエの資格を!
お店はマンションの1階にあり、6年ぐらい前にオープンしたそうで、店内は女性らしいカフェバーのような雰囲気で気軽に立ち寄れそうなお店でした。
日仏学館ワイン講座の講師でもあり、コース料理も事前予約でワイン&料理で楽しめるそうです。
DSCF4013

2017/9/26 火曜日

ハイパーミーティング

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:57:27

210_297
【ハイパーミーティングinオートポリス2017】
 
オートポリスサーキット場でイベントの開催でした。
自動車雑誌で有名なハイパーレブ、OPTION、REVSPEED、ドリフト天国 などを出版してる三栄書房企画のイベントで、各社のパーツメーカー、チューニングショップのデモカー同乗体験や各メーカー&ショップが仕上げたマシンの3LAP本気バトル、ストレート最高速バトル、BRZ&86&旧車ミーティングなど車好きがが集まったイベント!
 
この日はZN6(86)で!
行く途中86、旧車をよく見かけ、現地に着いたら、沢山の旧車、86、BRZ!
DSCF3957DSCF3924DSCF3925DSCF3944

三菱コルトギャランGS-R、ランタボは当時、凄い速い車でした。
スカイラインRSターボは鉄仮面の愛称と、当時に乗ってた130Z
AE86は今でもFR人気車種
DSCF3927DSCF3946DSCF3952DSCF3943

マークⅡは50万で最初に買った車でした
2枚ドアの230とか珍しいです
ロータリーのRX-3などハコスカGT-R、ジャパン、ホンダS600など懐かしい車を皆さん、よく所有してると思いました。
DSCF3926DSCF3942DSCF3929DSCF3955

駐車場に、いろんな車見れて、ラップバトルやらスーパーカーなどいろいろと楽しめました。
DSCF3961DSCF3964DSCF3987DSCF3989

2017/9/21 木曜日

深海展 DEEP OCEAN

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:42:35

DSCF3785 DSCF3844
【深海2017-DEEP OCEAN-】

上野公園内にある国立科学博物館で開催中のディープオーシャン!
NHKスペシャルで第1集~第3集を放映してたのを見て、是非入ってみようと!
平日にもかかわらず、会場内が凄い人でいっぱいでゆっくり見れず・・・ 
展示品は映像で見てた《ちょうちんアンコウ》《コウモリダコ》《ダイオウイカ》《デメニギス》など深海生物の標本を沢山展示。
DSCF3789DSCF3790DSCF3796DSCF3811

《しんかい6500》は本物は全長10m、重さ26tなので、2分の1の模型を展示
実際に使ってた海の底をボーリングしてたドリルビットや色々と展示してました。
DSCF3829DSCF3841DSCF3835DSCF3832 
 DSCF3813DSCF3815DSCF3817DSCF3823
水深8000m以上でも生き物が存在など、何tもの水圧に絶えられる身体が凄いです。
 
10月1日まで!

2017/9/20 水曜日

ケルティック・ウーマン コンサート

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:48:26

DSCF3777 DSCF3776
【Celtic Woman VOICES OF ANGELS】
 
夜はアイルランド出身の歌姫たちが6年ぶりに来日という事を今年の2月に知り、ようやく生のケルティック・ウーマンを聴きに!
東京、大阪の3回公演のみ!
渋谷bunnkamuraオーチャードホールまで!
会場は、もちろん満席ですが、席は前から3列目の真ん中!
目の前で《♪ユー・レイズ・ミー・アップ》、《♪アヴェ・マリア》、《♪アメージンググレイス》、《♪私を泣かせてください》など20曲ぐらい、バグパイプやいろんな楽器で演奏されてて、聴きなれた曲も沢山で、大変よかったです。
2時間が早かった・・・
 
帰りに新宿の思い出横丁に寄りましたが、外国人でどこも満席・・・
新宿ゴールデン街と同じ観光地になってました・・・
DSCF3746 DSCF3747 

2017/9/19 火曜日

少年ジャンプ展 Vol①

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:25:52

DSCF3754【少年ジャンプ展】
 
六本木、森タワー52階にある森アーツセンターギャラリーまで!
『少年ジャンプ展』が開催だったので見て来ました。
  
1968年に創刊号から1980年代までのVol①
自分が20歳ぐらいまでに見てた懐かしいマンガの原画展です。
DSCF3763 DSCF3762 DSCF3765 DSCF3770
永井豪先生と言えばマジンガーZが有名ですが、キューティーハニーなど当時は結構Hなイメージがありジャンプでは1968年『ハレンチ学園』ですね! 子供のマンガですが十兵衛、ヒゲゴジラたちが学校でオールヌード、まるごしマンガ!
北条司先生の1985年『シティーハンター』コルトパイソン357マグナムを操る冴羽りょう、カッコいいキャラですが美人を見ると、もっこしになるHキャラ! 1981年『キャッツ・アイ』は絵画専門の怪盗美人三姉妹。
高橋陽一先生の1981年『キャプテン翼』は天才サッカー少年の翼くんの活躍が凄すぎて、今でもサッカー漫画の金字塔!
車田正美先生の1986年『聖闘士星矢』はギリシャ神話のオリンポスの神をモチーフに戦いの神、アテナが主人公
ゆでたまご先生の1979年『キン肉マン』は王子のキン肉スグルが超人たちと戦うプロレス漫画でキン肉マン消しゴム=キンケシが流行りました!
原作:武論尊、原画:原哲夫コンビといえば1983年、一子相伝の暗殺拳『世紀末救世主伝説  北斗の拳』! 今でも好きな漫画で、当時は北斗神拳伝承者ケンシロウが悪を倒す瞬間が衝撃的な漫画で社会現象を呼び、PTAが騒いでたと! 兄弟対決のラオウvsケンシロウのシーンも凄かったです! 会場では名セリフがスクリーンで紹介! 世紀末覇者ラオウ『我が生涯に一片の悔い無し』、南斗水鳥拳レイ『てめえらの血はなに色だーっ!!』、北斗神拳ケンシロウ『お前はもう、死んでいる』、南斗鳳凰拳 聖帝サウザー『退かぬ!媚びぬ!省みぬ!』など色々と!
秋本治先生の1976年~2016年まで200巻で40年の歴史ある『こちら葛飾区亀有公園前派出所』は両さんの歴史とジャンプの歴史をスゴロク式で紹介。
世界中で人気漫画家の鳥山明先生は1984年『ドラゴンボール』サイヤ人の孫悟空たちがドラゴンボールを探しに行き強くなって、スピード感ある戦いのシーンが人気の漫画! 『Drスランプ』はアラレちゃんのキャラが人気で流行りました。
吉沢やすみ先生の1970年『ど根性ガエル』はTシャツにカエルが張り付き、主人公ひろし、母ちゃん、京子ちゃん、ゴリライモたちの笑い、涙の人情漫画。
とりいかずよし先生の1970年『トイレット博士』はマタンキや七年ごろしが流行、小学校で友達にお尻にカンチョウを刺すという・・・ギャグ漫画
原作:梶原一騎、原画:井上コオは1971年『侍ジャイアンツ』は豪速球ピッチャーの武士道魂を持つ番場蛮(ばん ばばん)がいろんな魔球でライバルバッターと勝負する野球漫画
池沢さとし先生の1975年『サーキットの狼』は街道レーサーの風吹裕矢が名車ロータス・ヨーロッパでプロレーサーに成長していく、スーパーカーブームの火付け役になった漫画で日本各地で、カウンタックやフェラーリ、ランチェアなど高級スポーツカーのイベントが開催
寺沢武一先生の1978年『スペース コブラ』 左腕にサイコ・ガンを持つ宇宙海賊コブラ、セクシーな女がいつもそばにいるクールな男
荒木飛呂彦先生と言えば、これも好きな漫画1987年『ジョジヨの奇妙な冒険』吸血鬼になったDIO対ジョナサン・ジョースターの戦いから始まり、スタンド使いハーミット・パープルのジョセフ・ジョースター、スター・プラチナの空条承太郎、クレイジー・ダイヤモンドの東方仗助など、名前とスタンド名、技、戦い方など、よく考えてる凄い漫画だと思います。
宮下あきら先生の1985年『魁!!男塾』「ワシが男塾塾長、江田島平八である!」のセリフが有名な全国の不良たちをスパルタ教育する男塾! ライバルたちとの激闘を繰り広げる男気ある漫画
当時のジャンプ連載は、まだまだ他、沢山あるのですが・・・(^^ゞ

他には当時、TV放映されてたオープニング映像や創刊号から80年代までの少年ジャンプなど、自分たちの年齢は懐かしい作品のオンパレードでした!
DSCF3761 DSCF3755 DSCF3752

2017/9/18 月曜日

南アルプスの天然水

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:08:23

DSCF3694【南アルプス天然水工場】 
 
エコバスでサントリー内の天然水工場に!
DSCF3696
 
木の伐採、森の手入れと結構なコストが掛かってるようです!
雨水が地下水になるまでに20年もかかるという、凄い年月がかかる貴重な1滴、1滴がサントリー南アルプスの天然水なんです。
工場生産ラインでは試験管のような材料がペットボトルに変化するようすや、1分間で360本を作り、倉庫の在庫が2リッターの6本入りが約134万ケースもあるそうです!
工場は殆ど人が居なくてコンピューター管理で一部の場所でラインの確認、ほぼ自動でした。
熊本地震で休止してた南阿蘇の天然水も復活するかもです!?
最後に天然水とヨーグリーナを試飲 
DSCF3695DSCF3706DSCF3707DSCF3705  

2つのガイドツアーが終わり、ウイスキー博物館でサントリーの歴史、お酒の歴史など棟方志功の版画もあり、古い展示品が沢山ありました。
DSCF3680DSCF3686DSCF3688DSCF3684
DSCF3719DSCF3722DSCF3721DSCF3692

最後は、お待ちかねの蒸留所内のウイスキーBARに!
ここでしか飲めないウイスキーを飲まなければと!
メニュー表見ると15mlですが安いんです!
例えば、山崎ミズナラ樽=¥1200!!、白州:山崎25年:響30年=¥2900、白州ノンビンテージ=¥100!!など格安!!
この日は蒸留所限定のシェリー三昧で、白州12Yシェリーカスク¥300、山崎12Yシェリーカスク¥300、響17Yシェリーカスク¥500を頂きました!
DSCF3724DSCF3730DSCF3728DSCF3726

ウイスキーを十分、味わって16時に白州蒸留所をあとに・・・
大自然の森の中にある蒸留所でした。
DSCF3702DSCF3713DSCF3738DSCF3701

いろんなお話も聞けて勉強になりました。
サントリーさん、お世話になりました。(^^)/
DSCF3739  

« 前ページへ次ページへ »

HTML convert time: 0.757 sec. Powered by WordPress ME