2018/4/26 木曜日

ミュシャ展

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:46:05

DSCF5470 【ミュシャ展】
 
19世紀のアールヌーヴォー様式の巨匠画家、アルフォンス・マリア・ミュシャ
 
花や曲線などの組み合わせで美しい模様を描き、女性の曲線の美を描き続けた人気画家のミュシャ展
チェコの医学者チマル博士が親の代から収集してきたチマルコレクションの特別展が福岡アジア美術館で開催!
元々、イラストレーターをしてたミュシャでしたが、若い頃から女性の美しい肖像画を描き、20代後半からアールヌーヴォーを描き、ミュシャ様式と呼ばれる独自の模様と女性のポーズの描き方で当時の舞台大女優:サラ・ベルナールから舞台ポスターを気に入られ一躍人気!
舞台ポスター、本の表紙、お菓子のゴーフルのラベル、ウェイヴァリー自転車屋さんの広告、ドン・ペリニヨンのモエ・エ・シャンドンのメニュー表など色々と活躍してたようです
 
展示作品は家族や住んでるアパートからの写真やモデルになった写真、手紙、ホーム・デコ社のインテリアの装飾パネル、リトグラフなど150点を展示
彫刻で有名なオーギュスト・ロダンやゴーギャンとも仲良しだったようで、一緒に写ってる写真なども展示
 
絵を近くで観ると、周りの模様が細かく、描く曲線が全て違うデザインと、女性の顔は写実的で、体はポスター画、全体のデザインのレイアウト、美しさと、じっくりよーく見ると凄いセンスの良さ!
観に行く価値は多いにありの特別展だと思います!
福岡で大規模なミュシャ展はなかなか開催されないので、また行きます!
 
ミュシャの人生を見ると、いわゆる《あげまん》と言われる数々の運命の女性がキーワードになり、生涯、活躍できたような人ではないかと思いました。
 
5月27日まで福岡アジア美術館で開催です。
 DSCF5472

夜はお客さんと待ち合わせで食事会でした。
1軒目は羊肉市場!ジンギスカンの【悟大】
 DSCF5477 DSCF5475
2軒目は洋食のKITCHEN&BAR【颯】
 DSCF5478 DSCF5481
3軒目はBAR【CASK】
 DSCF4897 DSCF5482
この日も感謝、ありがたい1日でした。 

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.343 sec. Powered by WordPress ME