2017/7/10 月曜日

すみだ北斎美術館

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:16:31

DSCF3324 【すみだ北斎美術館】 
 
昨年、11月に完成したばかりの天才絵師:葛飾北斎美術館
建物の設計はルーブル美術館別館や金沢21世紀美術館の設計者でアルミの箱をナイフで切り取ったような外観
DSCF3323DSCF3317DSCF3325DSCF3321 
常設展では北斎の歴史、絵の説明などタッチ画面で色々と学べるようになってました。
北斎は江戸時代の絵師なのですが、美術館外観はシルバー一色で館内は暗く、床にLEDライトが走り、天井にはプラネタリウムをイメージしたのか、カッコいいのですが、北斎のイメージとは違うように思いました。
北斎は引越しを90回ぐらいしてますが、墨田区内だけで過ごしたという事で墨田区に建てたようです。
関東大震災で焼失した大作の『須佐之男命厄神退治之図』(すさのおのみことやくじんたいじのず)の復元された作品が展示してました! 
以前、山口県で開催してた大浮世絵展でも展示してたような?・・・
1778年の18歳で描いた『四代目岩井半四郎 かしく』や北斎漫画などアニメの原点というべき作品もあり、当時に立体の描き方、人のいろんな表情、体系、有名な『神奈川沖浪裏』、『山下白雨』の黒富士、『凱風快晴』の赤富士も展示。
歴史あるディズニーも凄いと思いますが、絵を切り取り組み立てたら立体になる、今で言う模型の元祖や、コマ送りっぽい絵などマンガの原点、元祖!、しかも北斎の絵は西洋画家のモネ、ドガ、ゴーギャン、ゴッホなど、印象派画家たちにも影響を与えたぐらいなので、やはり天才絵師:葛飾北斎ではないでしょうか!! 
美術館外観は派手なイメージですが、館内は、あまり広くないので、気軽に寄れる感じの美術館です。

 
帰りは《B787‐8 ドリームライナー》
久々に乗りました 「飛行機 イラス...」の画像検索結果~~
DSCF3332 DSCF3343

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.338 sec. Powered by WordPress ME