2018/10/23 火曜日

浄土九州

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:22:11

DSCF6387 【浄土九州 九州の浄土教美術】
 
九州の浄土信仰を中心とした仏教美術、彫刻、絵画、書など、200点を展示
 
【九相図】死体が骨になる様子を9段階にわけて描いた仏教絵画
【十王図】地獄での裁きを決める10人のいわゆる裁判官で一番有名な閻魔王、変成王、平等王など
【地獄図】地獄でのいろんな裁きを永遠に受けてる絵
【当麻曼荼羅】極楽浄土を描いた4m×4mの大きい曼荼羅図
この特別展は1000年近い前の仏像、絵画など、地獄と極楽とは何か!?という仏教美術で、得に見どころは地獄図の当時、描いたグロテスクな感じの十王が罪の重さで裁きを下す、八大地獄! 黒縄地獄は焼けた縄を歩かせて体に付いた焼けた線を担当の鬼が切り取り線のようにノコギリで体をカット!・・・ 焦熱地獄は炎で焼かれて体のパーツをバラバラにされる・・・ 衆合地獄は淫乱な悪い事をした人が刃物だらけの木の上で手招きしてる美女の所まで体を切られながらも性行為を目指す罪・・・ 他、鉄を溶かしたアッチッチの液体を口の中から注ぎこまれるとか、大きい針山の上を体中に刺さりながら登る針の地獄など
今回、極楽より地獄とは!?を印象付けたい展示で、鬼が六道のうち、極楽道以外の輪廻ルーレットを持った絵もあり、古い絵ですが、今っぽい感じに思えました
 
他、沢山の展示と仏像も多く展示してて釈迦如来より、阿弥陀如来が多かったです
国宝級の仏像は無かったようですが、360度見れる醍醐味が特別展の凄い所で、仏教美術など興味ない人も地獄絵は見る価値ありだと思います。
 
九州の寺院なので、久留米市からは善導寺の所蔵も展示
福岡市にある萬行寺からの出品が多かったです
 
展示のレイアウトも良く、200点もあるので、長い時間観れました。
 
DSCF6384 福岡市博物館で11月14日まで

次回はコナンの科学捜査展
DSCF6388

2018/10/18 木曜日

舞台 魔界転生

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:06:55

DSCF6396 【舞台 魔界転生】
 
1980年代に角川映画から公開され、天草四郎役に沢田研二、柳生十兵衛役に千葉真一出演の大ヒットになった【魔界転生】
いまだに、人気があるストーリーでアニメ、ゲーム、Vシネなど、元にして作られてるぐらいの作品
 
映画は自分が中学生の時に見ただけなので、忘れた部分もあり、博多座で舞台が始まるならとチケットを!
 
豪華キャストが出演!!
主演の柳生十兵衛役=上川隆也 、天草四郎役=溝端淳平 、柳生宗矩役=松平健 、淀殿役=浅野ゆう子 、お品役=高岡早紀 、宮本武蔵役=藤本隆宏などなど、いろんなTVや舞台で活躍してる若手俳優など沢山の出演!
 
ストーリーは徳川幕府の時代、島原の乱で反発するキリシタン、幕府の総攻撃で何万人の農民たちが全員惨殺・・・
殺されながらも農民たちが天草四朗に助けを求めるが・・・
何も出来ない天草四郎は、せめて殺される前に魔界への呪文を唱え、死の世界と現世を行き来出来るようになり、魔物になった天草四郎や農民、裏切りの柳生十兵衛の父、柳生宗矩までも魔物に変わってしまい、最強の魔物になってた淀殿を復活させ、すべての人間を抹殺する計画を!
それを阻止しようと、剣の達人、柳生十兵衛と真田十勇士や弟子たちが魔物たちと戦うストーリー!
 
演出が映画監督でも有名な堤幸彦監督、20世紀少年やトリック劇場版などヒット作の監督が演出という事も見どころで、ユーモアあり、ワイヤーアクションあり、アクロバットありなど、スクリーンを上手く使い、妖術使いなど面白い演出になってました
 
DSCF6403 DSCF6392 DSCF6398
魔界転生をイメージした草月流の生け花も展示
福岡公演から始まり、東京~大阪と巡回公演し、大阪の12月14日まで!

2018/10/13 土曜日

サガンビアフェスト

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:58:59

DSCF6366 【サガンビアフェスト2018】
 
こないだ、佐賀市内の656広場という場所でBEERイベント
 
いろんなクラフトビールとグルメが楽しめるお酒のイベント開催してました
昼12時から始まってましたが、1日中アルコールは飲めないので夕方に現地到着
 
知り合いも沢山いたので、皆さんでワイワイと飲んでました
DSCF6370 DSCF6368 DSCF6367 DSCF6372

ビアフェストが終了し、佐賀のBARまで!
【MISTONE】
DSCF6373 DSCF6376 
 
【La PAUSE】
DSCF6378 DSCF6379 
 
【酔美】
DSCF6380 DSCF6382  
今回は3軒回って終了
いろんなBEERを楽しめました。 
 

2018/10/10 水曜日

宗像大社

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:34:03

CIMG2357 【世界文化遺産 宗像大社】
 
宗像大社まで久々のドライブ
世界遺産になってから多いだろうとは思ってましたけど、朝から行きましたが広い駐車場も半分ぐらい止まってました
参拝者も行列かと思ったら本殿前は少しの行列で、あまり待たずに参拝
CIMG2359 CIMG2375 CIMG2364 CIMG2374 
宗像大社で沖ノ島と同じくらい神聖な場所で『降臨の地』と言われる【高宮祭場】
CIMG2367 CIMG2368 CIMG2366  
女性の神を祭ってる【第二宮】ていにぐう 、【第三宮】ていさんぐう
CIMG2371 CIMG2372 CIMG2376

参拝して【道の駅むなかた】に立ち寄り、近くのいろんな海鮮丼がある人気店で久々の海鮮丼!
CIMG2381 CIMG2382 CIMG2384 
CIMG2388 CIMG2389 CIMG2391  
あと、久留米まで
CIMG2387 
2年ぶりの世界遺産:宗像大社
    

2018/10/5 金曜日

マリー・アントワネット

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:46:05

DSCF6301 舞台【マリーアントワネット】
 
9月14日から30日まで博多座で公演の『マリー・アントワネット』
好きな舞台俳優さんが出演だったので観て来ました。
 
マリー・アントワネットは知らない人はいないぐらいの有名王妃で、現在でも女性達から人気ある歴史的人物
1774年、14歳の時にルイ16世と結婚しフランス王妃となり、国の財政を滝のように使い、騙されたダイヤの『首飾り事件』も有名で、パンも食べれない状態の国民は王様たちに怒りの頂点に達し、フランス革命勃発!
フランスを脱出しますが、捕まり、再びフランスに戻され、牢獄に・・・
ダイヤの首飾り事件で無実の罪や国の財政赤字の張本人として裁判に掛けられ、最後はギロチンで斬首刑・・・
  
舞台はミュージカルで、出演者はマリー・アントワネット役に笹本玲奈、マルグリット・アルノー役にソニン、ルイ16世役に原田優一、フェルセン伯爵役に古川雄大、レオナール役に駒田一など舞台俳優では、人気の方たちのキャストでした。
舞台セット、衣装も豪華で、マリーアントワネットと言えば、ファッションリーダーのような王妃だったので髪飾りやドレスも凄かったです。
DSCF6302 DSCF6303 DSCF6305 DSCF6306 
 
肖像画では有名な女性宮廷画家、ルブランの描いたマリーアントワネットが一番有名な絵ですね
9c7fa2ec
エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン作

2018/10/2 火曜日

サラ・オレイン コンサート

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:58:06

DSCF6363 【シネマ・ミュージック with サラ・オレイン】
 
福岡シンフォニーホールでオーストラリア出身、クラシカルクロスオーバー歌手のサラ・オレインコンサート!
DSCF6356 DSCF6361 DSCF6362 
自分が見た映画の曲もいろいろセットリストになってました!
『レ・ミゼラブル』、ディズニー映画から『美女と野獣』、『007』、ホラー系の『エクソシスト』、アニメなど20曲、2時間半のコンサートでした。
 
サラ自身が好きな映画音楽を内容に合わせて衣装も着替え、綺麗な歌、すごいオクターブの声、博多弁トーク、自身のおもしろ映像、そして、ピアノ、ヴァイオリン、ギターでも楽しませていただきました。

HTML convert time: 0.442 sec. Powered by WordPress ME