2018/1/30 火曜日

オフ会

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:12:46

「三菱自動車マー...」の画像検索結果 img338
 
車好きの久々のオフ会
『九州エボオーナーズミーティング』
九州佐賀国際空港駐車場に50台ぐらい集まりました!
久々に会う方たちも居て、エボ談議
三菱自動車、生産終了した最後のスポーツカーなので皆さん、大事に乗ってる方たちばかりで、50台も集まるならエボ1からエボ10までの車種が集まるかと思いましたが、全14種のカーラインアップは揃いませんでした・・・
集まった車種はエボ2、4、5、6、6.5、7、7GT‐A、8、9、9ワゴン、10、10ファイナル
あと1と3だけでしたが・・・来なかった・・・
初代は1992年発売で所有してる方が少ないので、オフ会で勢ぞろいは難しいようです・・・
全種類=【Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵ、Ⅵトミマキ、Ⅶ、ⅦGT-A、Ⅷ、Ⅸ、Ⅸワゴン、Ⅹ、Ⅹファイナル】

DSCF4864DSCF4823DSCF4825DSCF4831
DSCF4811DSCF4834DSCF4813DSCF4809  


長崎の米海軍佐世保基地からも6台参加してました。
ナンバープレートのひらがな部分が米軍基地関係者は【】なんです。
DSCF4801DSCF4828DSCF4848DSCF4829
日本のスポーツカーは外国人に人気があるので乗ってる人も多いようです。
ワイドボデー、ゼロファイターカラー、ジムカーナー仕様など個性ある車で楽しめました。
DSCF4856DSCF4852DSCF4846

2018/1/25 木曜日

マジンガーZ

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:00:04

マジンガーZ 『劇場版 マジンガーZ /INFINITY』
 
漫画家、長井豪先生の人気作が45年ぶりにアニメ映画で登場
子供の頃はカッコよくて毎週、TVで見てたマジンガーZ!
兜甲児(かぶと こうじ)が操作コックピットになるパイルダーでON!
ロケットパンチ、ブレストファイヤー、光子力ビーム、スクランダーカッターなどDrヘル、ブロッケン伯爵、アシュラ男爵が作った悪のロボットを倒して行くマンガで一番の代表作
今回の『劇場版 マジンガーZ』は地球滅亡をたくらむDrヘルをマジンガーZと世界の人類が救うストーリー
マジンガーZ、グレートマジンガー、ボスボロット、アフロダイなど、違うキャラも出てました
当時の声優さんではなかったですが、マジンガーZ、長井豪作品ファンだったら楽しめると思います。

OP曲はもちろんアニソン界の帝王、水木一郎のマジンガーZ!、ED曲は吉川晃司でした。

2018/1/21 日曜日

九州交響楽団 2018

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:47:01

DSCF4868 DSCF4869
【九州交響楽団inインガットホール】
 
指揮/松村秀明
曲目/
第1部:映画音楽
・サウンド・オブ・ミュージックメドレー
・マイ・フェア・レディ
・音楽劇
 
第2部
ヨハン・シュトラウスⅡ世
・ワルツ『春の声』
・シャンペン・ポルカ
・春のささやき
・ポルカ「狩」
スメタナ
・歌劇『売られた花嫁』より序曲
・道化師の踊り
 
今年は九響のニューイヤーコンサートに行けなかったので、城島町にあるインガットホールでクラシックでした。
 

2018/1/6 土曜日

広重展

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:49:06

DSCF4688 1024px-Hiroshige19_ejiri 【広重展】
 
浮世絵師で有名な四天王クラスと言えば、冨嶽三十六景の葛飾北斎、役者大首絵の東洲斎写楽、美人画の喜多川歌麿、東海道五拾三次の歌川広重
 
筑後船小屋駅前にある九州芸文館で『歌川広重展』が開催してます。
広重といえば、ヒロシゲブルーで有名なインディゴ染のような濃い青が使われてるのが特徴の浮世絵
当時の風景画ポスターのような印刷物なので出版元の違いもあり、保永堂版、行書版、隷書版の3社で違う絵で、保永堂版が最も有名な東海道五拾三次で江戸日本橋から京都三條大橋までの今回、全55枚を展示してます!
浮世絵展もいろいろと観に行ってますが、揃い組みは1度ぐらいの記憶で、なかなか本物のフルセット展示企画は少ないんです
有名な作品は出発の『日本橋 朝之景』大名行列が橋を渡るシーン、『蒲原 夜之雪』静けさの夜に深々と降る雪の景色、『庄野 白雨』突然の強風のにわか雨、『鞠子 名物茶店』奥の細道で有名な俳諧師:松尾芭蕉も立ち寄った店《うめわかな まりこのしゅくの とろろじる》とろろ汁が有名な今でも存在する店
他に行書版55枚の内10枚を展示、隷書版は55枚の内8枚展示、保永堂版との違いは絵も違いますが、いわゆるクローズアップ画面の違い
『東海道』シリーズ、ゴッホも模写をした『名所百景』シリーズの『江戸名所』『諸国名所』『伊勢名所』など芸文館で約150枚を展示!
広重の描いたシリーズ版は『東海道五拾三次』の出版社違いで小さめの狂歌人も入れて221枚、『東海道』人物東海道56枚、『五十三次名所図会』55枚、など他にも五十三次シリーズを何種類も描いてるので五十三次だけで5~600枚は描いてます。
東海道五拾三次シリーズは北斎が広重より先に描いてたようですが、広重の方が大衆に人気が出て、東海道シリーズの広重で人気絵師になったという事です。

浮世絵は、《絵師》・《彫師》・《摺師》の3人の職人で出来上がるので彫師も摺師も忙しい日々だったのでは??
DSCF4690 DSCF4692 DSCF4693
空もヒロシゲブルーでした
2月4日まで、九州芸文館で開催です。 

2018/1/1 月曜日

元旦

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:00:03

朝日 元日 2018
謹んで初春のお慶びを申し上げます

HTML convert time: 0.518 sec. Powered by WordPress ME