2017/11/29 水曜日

佐賀パーティー

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:05:00

26日は佐賀でパーティーに
その前に時間があったので、人気のぎょうざ屋さんに立ち寄り
一軒目は【ぎょうざ屋】メニューは餃子のみ! もちもちした生地の餃子¥500
DSCF4607 DSCF4608 
二件目は【南吉】メニューはツマミになる酢モツ、レバーなど何品かあり、水餃子が人気ですが、小ぶりの焼餃子¥500
DSCF4613 DSCF4612
他の品も美味しそうでしたので、また行きたいと思います。
2軒とも店が小さく、小数人で満席、遅くまで開いてないので夕方前が入りやすいかと!

DSCF4615
餃子食べて、佐賀市歴史民俗館で佐賀支部のディスコパーティー!
場所が歴史民俗館??という場所ですが・・・?
1885年に建てられた旧古賀銀行だった場所で開催でしたけど、火を使わないなど、その他の条件が合えばイベント用に貸してるそうです。
そしてなんと、設計者は東京駅、武雄温泉の楼門、福岡市文学館、奈良ホテルなど建築でも有名な佐賀出身の辰野金吾だそうです。
重要文化財でディスコパーティー
DSCF4620 DSCF4623 DSCF4625

終わって、バーテンダー会員さんのBARまで
【MIS TONE】ウイスキーの品揃え豊富
DSCF4628 DSCF4630
【La pause】フレアバーテンディング
DSCF4636 
他、2軒のBAR
    

2017/11/26 日曜日

桃山展 後期

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:57:56

img335img336
【新 桃山展「大航海時代の日本美術」】
 
桃山展の2回目は入れ替えで、また有名な作品を観に!
初代、父の正信から狩野派の二代目を受け継ぎ、狩野派集団を築き上げたプロデューサー的存在の狩野元信の【四季花鳥図屏風】
サントリー美術館で11月5日まで開催してた狩野元信展から巡回して来た、豊臣秀吉からの依頼の作品、狩野永徳の国宝【檜図屏風】他、国宝絵
当時、御用絵師をかけて狩野永徳と対決したライバル、長谷川等伯の国宝【松林図屏風】も京都国立博物館の特別展から九博に来てました。
永徳筆の信長像など、他には扇絵、天目茶碗、教科書で有名な日本にキリスト教を伝えた聖フランシスコ・ザビエルの肖像画、キリシタン弾圧当時の品、キリシタン大名の使い天正遣欧使節の伊藤マンショの肖像画など、展示してます。  
 
開催期間中は3階の文化交流展示室で写真撮影OKの長谷川等伯筆、国宝【松林図屏風】のレプリカが展示してました。
DSCF4571 DSCF4572 DSCF4575 
特別展は26日で終了です

天満宮の手前にある光明寺の紅葉
DSCF4583 DSCF4582 DSCF4580 

2017/11/23 木曜日

モースポ フェス in 九州

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:35:41

CIMG0910 【モースポ 九州】
 
熊本、菊池にあるHSR九州で大手自動車メーカー《HONDA》と《TOYOTA Gazoo Racing》の初のコラボイベントが開催してました。
司会にスーパーGT500の監督:脇阪寿一さん、シャベリが上手でした。
ゲストにレーシングドライバー20人で鈴木亜久里さんや今年5月に世界三大レースのひとつ、アメリカのインディアナポリスで行われた【インディ500】で優勝した佐藤琢磨さんなど豪華ゲストが沢山きてました。
入場無料、駐車場も無料のイベントだったので沢山の人でした。
CIMG0835CIMG0858CIMG0862CIMG0865  
CIMG0874CIMG0875CIMG0915CIMG0889
抽選でレーサーの助手席でホンダNSXやシビックタイプR、トヨタGR86、GRビィッツなどでのサーキット体験
GTマシンやニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦したGAZOO Racing、LEXUS LFA、ホンダのスポーツタイプのバイクとオフロードバイクのデモンストレーション、展示車両にF1マシンのマクラーレンホンダ、インディーカー、スーパーフォーミュラーなど沢山展示!
新車も展示してて、NSXやシビックタイプRが人気でした。
白バイ隊の追走デモもあり、白バイの人たちはレーサーとは違うドラテクを持ってます。
フードコーナーも凄い数の出展で楽しめました。
CIMG0877CIMG0928CIMG0936CIMG0932 

2017/11/20 月曜日

箱根 彫刻の森美術館

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:18:03

DSCF4497 DSCF4500
【彫刻の森美術館】

 
立体アートの彫刻美術館も寄って来ました。
久留米にもあるオーギュスト・ロダンの『バルザック像』やジョアン・ミロ、ヘンリー・ムア、パブロ・ピカソなど、ダンテの煉獄を思わせる彫刻やディズニーアニメのアラジンのキャラ似の金属アートから大型作品まで、日本人アーティストなど120点以上の作品が野外、屋内にあり、凄いのもありました。
DSCF4503DSCF4515DSCF4520DSCF4527
DSCF4532DSCF4541DSCF4549DSCF4550  

DSCF4553DSCF4559DSCF4546DSCF4534
ここも色んな面白い現代アートありました。
何でもありの作り方の発想が面白いんです!
 
【箱根 芦ノ湖~大涌谷】 
行きはバスで桃源台まで行き、芦ノ湖
小田急の海賊船
DSCF4457DSCF4448DSCF4450DSCF4456 
 
帰りは箱根ロープウェイから大涌谷
ガスの影響で、見学出来ない時もあるそうです。
紅葉時期でもあるので、道路は渋滞のようでした。

DSCF4463DSCF4473DSCF4477DSCF4482 
 
ケーブルカーで強羅まで
DSCF4485 DSCF4486 DSCF4491

2017/11/19 日曜日

箱根 ガラスの森美術館

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:16:33

新宿駅から小田急線ロマンスカーで箱根まで!
DSCF4330 DSCF4338 DSCF4487

DSCF4363  【箱根ガラスの森美術館】
  
不思議な『風にそよぐグラス』を見に!
館内全体の庭、建物が中世ヨーロッパをイメージさせる作りで外国のような感じ
行った時は特別企画展『ヴェネチアン・グラス二千年の旅展』
約2千年前の古代ローマ帝国時代、鉄パイプの先に熔けたガラスを巻き付け、空気を吹き込んで制作する技法が発明されたことで、ガラスを多くの人が手にすることから現代まで!
展示は1世紀から現代までのグラスや鏡など展示
DSCF4418DSCF4424DSCF4429DSCF4425 
 
天井にはヴェロネーゼの絵がありアーチ型の教会のような天井
足が極限に細い揺れるワイングラスも凄いんです
DSCF4417DSCF4411DSCF4432DSCF4434
  
園内はガラスアート三昧で、いろんなアーティストの作品が飾られてます。
クリスタルの滝、ススキ、木など  
DSCF4369DSCF4373DSCF4376DSCF4396 
  
外国からヴェネチアガラス細工の職人も実演販売
DSCF4408DSCF4406DSCF4397DSCF4442

2017/11/18 土曜日

森アーツセンターギャラリー

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:17:36

DSCF4276 【THE ドラえもん展 TOKYO】
 
六本木ヒルズ 森アーツセンターギャラリーで子供の頃から見てる漫画では有名な藤子・F・不二雄先生の『ドラえもん』をテーマにした作品を有名な現代アーティスト達が自分のイメージで作りあげた展覧会
DSCF4273 DSCF4275 
世界的人気の村上隆、写真家と映画監督の蜷川実花、自ら作品になりきる森村泰昌、ニューヨークでも人気の奈良美智、日本美術を昔と現代を融合させたユニークな作品の山口晃など、国民的キャラクターと最も活躍してる28人の現代アーティストのコラボ作品が展示!
 
村上隆作、子供の頃のイメージ
DSCF4281
レンブラントの自画像の背景をドラえもんの手の一部に!
DSCF4283 
離れて観るとドラえもんですが、近くで見ると中国の龍や仙人、果物
DSCF4286 
蜷川実花作、等身大ドラえもんと一日デート
DSCF4289
カエルの卵からドラえもんやジャイアンたちが!
DSCF4291 
森村泰昌作、四次元ポケットとタイムマシーン
DSCF4299 
他にも撮影禁止の凄い作品が沢山ありました!
子供連れから大人だけなど沢山来てました。
六本木ヒルズ52Fで2018年1月8日まで。
     

2017/11/17 金曜日

東京国立博物館

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:08:10

DSCF4265 【運慶】

仏像展最大の特別展『運慶』
奈良仏師から史上最高の大仏師:運慶の作品と言われる数は全国に31体しか存在しないのですが、今回は東京国立博物館:平成館に22体も一挙に揃う特別展です!
当時、京仏師が人気で奈良仏師は目立たなく、修理など雑用依頼でしたが、運慶が目に水晶を使った玉眼で仏像界に革命を起こし有名に!
朝一番に上野に到着ですがチケット売り場で、すでに凄い行列・・・
入場制限ありの1時間後に入場!
DSCF4266 DSCF4259
運慶作品で最大の作品は東大寺 南大門の番人、仁王像の阿形・吽形ですが、高さ8m以上なのでもちろん展示なし
国宝も多数なので所蔵する寺まであちこち観に行きましたが、同じ空間で運慶作、22体も見れる事は2008年のフェルメール展ぐらい凄い特別展ではと思います!
会場に入って目の前に仏像で一番好きな奈良、円成寺にある運慶が20代で1年近い日数で彫った国宝『大日如来坐像』
金剛界の中心の仏様、智拳印を結んだ大日如来坐像! 立つ必要がないので坐像のみです
円成寺まで観に行った時はガラス越しの正面しか観れなかったのですが、360度の大日如来!美しいです。

興福寺所蔵の『無著菩薩立像』『世親菩薩立像』は表情が対照的な兄弟仏像
表情と短足さでユーモアを感じる邪鬼が一生、灯りを照らす償いをしてる『天燈鬼』『龍燈鬼』

以前行った高野山金剛峯寺にある八大童子が6体『矜羯羅(こんがら)童子』『制多迦(せいたか)童子』『恵光(えこう)童子』『清浄比丘(しょうじょうびく)童子』『恵喜(えき)童子』『烏倶婆ガ(うぐばが)童子』
こんな人、見た事があるような表情と髪型が特徴です

妙法院の蓮華王院(三十三間堂)の千手観音菩薩坐像の光背にある三十三身像の『迦楼羅』『夜叉』『執金剛神』の3体

2009年に佐賀県立美術館で開催した特別展【運慶流】の時に展示してあった栃木の光得寺所蔵、厨子入り国宝『大日如来坐像』も展示してました

東大寺の普段は見れない『重源上人坐像』など、他に国宝、重要文化財など阿弥陀如来、四天王像、仏頭、不動明王、運慶筆の文書など康慶、運慶、快慶、湛慶の慶派の仏像が楽しめました。
DSCF4264 DSCF4263
7年前ぐらいまでは仏像展も人が少なくて、お年寄りの方ぐらいしか居なくて、ゆっくり見れましたけど・・・

11月26日まで東京国立博物館・平成館で開催してます。 
  
上野公園内では現代アート展 
DSCF4271 【TOKYO数寄フェス2017】

DSCF4254DSCF4267DSCF4268DSCF4269

2017/11/13 月曜日

いのちのたび博物館

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:24:32

DSCF4212 【いのちのたび博物館】
 
ターナー展からスペースワールド前にある【たび博】、寄って来ました。
建物を見たらそんなに広くないかなと、館内に入ったら歴史ゾーンと自然ゾーンがあり、展示数は沢山!
部屋が多く見ごたえある場所です!
館内入ってすぐ目の前にTレックス! ティラノザウルスの骨格が! レプリカですがアメリカの博物館の原標本と同じTレックスだそうです!
歴史ゾーンは戦国から昭和の暮らしなど!
自然ゾーンは地球から昆虫、生き物標本などいろいろと楽しめます!
生体も少し展示してて、カエル、魚、オオサンショウウオなど!
DSCF4241DSCF4219DSCF4222DSCF4224
DSCF4226DSCF4237DSCF4238DSCF4227 

初めて行きましたが、東京の国立科学博物館と同じような感じなので、凝縮された国立科学博物館
のんびり見学したら2~3時間は居れる場所でした。
 
 
帰る前に昭和29年に開館し、今年で63年目のレトロ映画館
八幡にある【有楽映画劇場】
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』や『カーテンコール』など映画、ドラマ撮影場所になってる全国でも有名な映画館
館内は福岡出身だった高倉健さんの貴重な当時のポスターなど、いろんな古いポスターが!
入って横にチケットカウンターと売店、中でお婆ちゃんが番台のように座ってました
中に入り、座席正面のスクリーン上映は40年前の映画が流れてて、劇場内と建物は昭和のいい時代を感じられる場所でした。
DSCF4209DSCF4203DSCF4201DSCF4202
最新映画の上映はありません。

2017/11/12 日曜日

北九州市立美術館

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:12:58

DSCF4183 DSCF4184 『ターナー 風景の詩』
 
2年2ヶ月の大規模改修工事がようやく終了した北九州市立美術館
2017年11月3日からリニューアルオープン記念
 
 特別展 『英国最大の巨匠 ターナー 風景の詩』
 
やっと改修工事完了で、出来上がったばかりの館内で特別展を見たかったので早速行って来ました。
ウイリアム・ターナーはイギリス、ロンドン生まれの画家で1800年代に活躍した風景画家
イギリスの海、山、田園風景をいろんな表情で描き、いろんな画家にも影響を与えたターナー
風景画が殆どですが、旧約聖書や宗教画もありました。 
絵を観てて、海の絵は帆船も多く、絵の感じなど以前見たダイアナ妃も好きだった作品を描いた久留米出身の吉田博に似てるように思えました。
イギリスの風景が殆どですが、イタリアに行ってからは簡単なスケッチを何百枚も描き、イギリスに戻ってから忠実に風景を描いたそうで、記憶力が凄かったそうです。
展示作品数は200点以上ありました。
 
老朽化で改修費用16億5000万を賭け、リニューアルした北九州市立美術館の外装は補修し、内部は大幅に変わり、展示物に悪影響を与えないように照明は紫外線のないLEDや空調設備など、全体にカッコいい内装になってました!
今までは建物の影響で国宝級や凄い作品展をしたかったようですが、借りる美術館の許可が出来なかったようです・・・、これからの北九州市立美術館は国立美術館級で出来る展覧会が開催するかもしれません!
ターナー展は2018年2月4日まで開催です。
DSCF4180DSCF4188DSCF4189DSCF4191
ターナー展を観ると、コレクション展も無料で見れます!
印象派の巨匠ルノワール、 道化師を多く描いたルオー、 睡蓮のモネ、 色彩の魔術師マティス、 ゲルニカで有名なピカソ、 バレエを多く描いたドガ、 グレートウェーブで世界でも人気ある北斎など、コレクション展もお勧めです。
DSCF4190  

2017/11/8 水曜日

武雄市

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:04:55

DSCF4169 【武雄市】
 
武雄の餃子会館まで行ったのですが、長崎新幹線ルートの工事で移転中で休業・・・
12月に営業予定です。
DSCF4153 DSCF4150 DSCF4149 DSCF4148

という事で、武雄温泉入りに元湯まで!
明治8年に建築された温泉施設では全国でも古い銭湯。
泉質はアルカリ性単純泉で気持ちいいヌネリがあるお湯で熱い方は42~45℃で結構熱かったです。温めもあります
天井も高く、開放感ある銭湯でした。
DSCF4161 DSCF4158 DSCF4156

川古の大楠公園
DSCF4162 DSCF4163 DSCF4164

次ページへ »

HTML convert time: 0.477 sec. Powered by WordPress ME