2017/8/11 金曜日

NINAGAWA・マクベス

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:15:05

DSCF3436 DSCF3438 【NINAGAWA・マクベス】 
 
蜷川幸雄さんの一周忌追悼公演。
長年、シェイクスピアの作品を演出してきた『NINAGAWA×シェイクスピア』
鳥栖市民文化会館でもっとも代表的な作品、『マクベス』だったので観て来ました!
出演はマクベスに市村正親さん、マクベス夫人に田中裕子さん、バンクォーに辻萬長さん、マクダフに大石継太、ダンカン王に瑳川哲朗さんと大御所揃いのW・シェイクスピアの四大悲劇作品の1番人気と言ってもいいマクベスの舞台
 
舞台のダンカン王はスコットランド王ですが、名前はそのままで、蜷川舞台は和風、江戸時代をイメージして、武士として作り上げてました!
格子や桜の花びら、狩野派を思わせる襖絵、東大寺の戒壇堂にある四天王像そっくりの原寸大の仏像など、日本の伝統的な技術が詰まった、舞台、演出で幻想的な美しい作品でした。
ストーリー、セリフなど原作を崩さずに、そのままのセリフでした。
マクベスはオーソン・ウェルズ主演の古い映画や本も何度か見たり読んだので、舞台も楽しめました!
 
1980年の作品で、観たかった『マクベス』が鳥栖で観れるとは!
今度は悲劇の王『オイディプス王』も見てみたいですが・・・
蜷川シェイクスピアは沢山、演出してますが、会場ではパネルで久光製薬カルチャー・スペシャルのみの舞台を紹介してました。 
DSCF3437 DSCF3442 DSCF3440 DSCF3441  

HTML convert time: 0.388 sec. Powered by WordPress ME