2013/3/20 水曜日

旧三池炭鉱:宮原坑&万田坑

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:43:15

こないだ、大牟田周辺の旧三井炭鉱を観て来ました!     
  
  【三池炭鉱:宮原坑】
突如!住宅街の中にひっそりとたたずむ竪坑が見えます!
内部見学は、毎月の第3土曜日だけらしいので、外観だけ!
現在の竪坑は、炭鉱マンたちの出入り用だった第二竪坑のみ存在!
第一竪坑と坑口は、すでに無くなってました!
宮原坑跡は当時、地下に溜る水抜きの排水用ポンプは、イギリス製で世界最大級の能力を持つ【デビーポンプ】を4台も装備されてたらしいです!  

 横に当時の三池鉄道の廃線跡です!     
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー        
  
 【万田坑ステーション】
宮原坑から移動し、荒尾市の万田坑まで!
万田坑の方は、¥400で資料館と竪坑内部などが観れます!
炭鉱ステーションで炭鉱当時の写真やジオラマ、道具などを展示!
      
  
 【万田坑】  
   
桜町トンネルは、荒尾市と大牟田市を結び、生活通路にしてたそうです!
(凄く狭く、天井も低い!)     
   
   
   
職場と言われる建物は、機械の修理、部品加工などをする施設!
いろんな機械がありました!      
      
    
           
コンクリート製の浴室&操作室&台車!
       
  
      
巻揚室に入ると、中2階に大型ウインチが目に飛込んで来ます!デカイ!
ウインチは、重量物を上げるのに使ってたらしいです!     
もう一段登ると、さらにデカイ巻揚機が登場!
巻揚機は、運転台・深度計・安全装置などで構成されててワイヤーが櫓につながってる巨大ドラム!
ブレーキライニングが木製で、しかも手動ブレーキ!ワイヤーも太い!        
閉鎖までの石炭採掘量は8億何千t以上だそうです!まだあと4億t以上あるらしいと言うことです!
現在の石炭は輸入をしてて、日本ではコストがかかりすぎるそうです!
竪坑口の地下520mをゴンドラで約90秒で落下、到着!!
一瞬で気持ち悪くなりそう・・・ 
やはり、リバースする人も多かったそうです(TT;
ちなみに、何人か居てたガイドさんは全員、元炭鉱マンですした!
     
     
 竪坑櫓はシンボル的存在です!  
  
ここは2008年に金城武と松たか子の映画【K-20 怪人二十面相】の舞台など、何本かの映画の舞台にも使われた場所です!
        
隣にある万田炭鉱館!
写真のフェースローダーは石炭の層に沿って坑道を掘るとき、ダイナマイトでくだいた石炭を、かき寄せコンベアーに積込む機械!
本物は宮浦炭鉱記念館にありますので、今度、時間ある時に観に行きたいと思います!いろいろな重機があるみたいです!
          
  
                
 
今回、行って感想ですが、万田坑跡って、世界遺産に登録されるかも!?の候補に入ってるみたいなのですが、第二竪坑櫓を3年前ぐらい前に塗り直して、新品みたいになってて、櫓だけレトロ感が無くなったような・・・ 
実際に観に来た方たちの評判は、当時の錆びてるまんまの方がよかったと・・・
  
一通り見学して、万田坑を後に帰りました!
三池は他にも面白そうな場所があるようなので、次回に改めて行ってみます!
(^^)/                        

HTML convert time: 0.369 sec. Powered by WordPress ME