2019/7/7 日曜日

久留米市美術館

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:23:26

DSCF6543
【ラファエル前派の軌跡】
 
5月に東京、丸の内にある三菱一号館美術館で開催してた展覧会の巡回が久留米市で
 
久留米巡回が知らなくて東京は行きましたが、せっかく近所なので、また観て来ました
展示数は少なくなってるかもと思いましたが、東京と変わらずの展示数、約150点!
 
ラファエル前派を世界に広げた美術評論家、ワイン商人の息子のジョン・ラスキン誕生200周年記念展覧会
ジョン・ラスキン自身の作品も沢山展示してますが、W・ターナーとも仲良しで、ラファエル前派の画家たちのパトロンでもあった人物
 
ジョン・エヴァレット・ミレイの『オフィーリア』のモデルになったロセッティの婚約者エリザベス・シダルの肖像画
エリザベス・シダルはラファエル前派の画家のモデルをしてましたが、ケシの実から取れるアヘン=麻薬の取りすぎで32歳で亡くなったモデル
ミレイが描いたジョン・ラスキンの肖像画、細かく彫られた版木、神話物が多いバーン=ジョーンズの『赦しの樹』は英雄テセウスの息子デモフォンとトラキア王の娘のフュリスが描かれ、アーモンドの樹に変えられてたフュリスが再び戻るシーン
セレブ御用達の壁紙で有名なウイリアム・モリスも展示
 
エヴァレット・ミレイ、ゲイブリエル・ロセッティ、ホルマン・ハントの3人から始まった【ラファエロ以前兄弟団】
久留米市美術館では多くのラファエル前派の作品を展示してます
東京は前売り¥1500でしたが、久留米市美術館は開催中でも前売り¥600です
9月8日まで開催
DSCF6546 DSCF6547 DSCF6556 DSCF6551 

美術館1階ではアマチュア画家の青木繁記念大賞ビエンナーレの展示がしてます。
ラファエル前派の軌跡を見たら無料で入館できます
DSCF6544  

2019/6/30 日曜日

滋賀

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:37:01

CIMG4487
朝から比叡山 延暦寺まで

伝教大師 最澄が788年に創建
法然、親鸞、円仁、道元、栄西、日蓮など有名僧が修行した寺でも有名
何年かぶりに行ったら、国宝の根本中堂が大掛かりな改修中で、全体が囲われてました・・・
平成28年から10年間掛けて、50億円の浄財を投じて根本中堂の特別大改修中!
内部の雰囲気がすごく、密教パワーを吸収できるような感じの寺
国宝殿、阿弥陀堂、東塔など見学
東塔から西塔に行く予定でしたが帰りのバス時間もあり今回も東塔のみ・・・
次回は西塔、横川!
CIMG4519 CIMG4490 CIMG4491 CIMG4493
CIMG4499 CIMG4500 CIMG4497 CIMG4511

夜は東本願寺横にある、お好み焼き【DONGURI】ここもメニューが豊富で人気なんです
いつも多い本願寺前の【餃子王将】!リニューアルしてました
  
 
最後帰る前に、ここも必ず行きたくなる蓮華王院 三十三間堂
千手千眼観音菩薩様が1001体で有名
今回、仏像の配置が変わってました
創建時の位置がわからなくなってまってたようで、最近、昔の絵が見つかり、二十八部衆の風神、雷神が左右反対や婆藪仙人などが大きい千手観音の横になど数体が移動してました
拝観入口と売店もリニューアルしてました!
CIMG4524 CIMG4528 CIMG4530 CIMG4540

2019/6/29 土曜日

京都

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:46:02

CIMG4541
2年ぶりの京都行き
 
先月の2日まで東京国立博物館で仏像展示をしてた立体曼荼羅の東寺まで
ここも世界遺産で、京都に行くと見たくなる場所で、この日は無事に21体が勢ぞろいして戻ってました
五重塔は足場が組まれ修復中でした・・・
金堂の薬師三尊と十二神将、日光、月光菩薩も綺麗なんです
講堂の空海教えの立体曼荼羅!最高位の大日如来を真ん中に如来、明王、菩薩、四天王など国宝揃い!
『身は高野 心は東寺に おさめおく』空海
CIMG4438 CIMG4440 CIMG4447 CIMG4445

東寺から1603年に徳川家康が京都御所の守護と将軍たちが京都に来た時に宿泊場所として建てられた世界遺産、元離宮 二条城
【大政奉還】=江戸幕府が解散した場所ですね
綺麗な装飾の唐門から国宝 二の丸御殿の中に!
部屋数が33室、広さ800畳もある格部屋に狩野派の探幽たち絵師が描いた障壁画が凄いんです
天井画、透かし彫りなど、何年ぶりでした。
CIMG4450 CIMG4452 CIMG4456 CIMG4461 

京都タワーホテル宿泊だったので初めてのタワー展望台!
地上100mの高さですが、京都は東京のようにのっぽビルがないので一望できます
CIMG4480 CIMG4470 CIMG4476 

タワービル1階にある創作居酒屋 さいか亭と京都で人気の餃子処 亮昌

CIMG4466 CIMG4467 CIMG4468

2019/6/25 火曜日

実写版『アラジン』

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:30:43

アラジン
【アラジン】
 
アニメは何回も見てますが、実写アラジンも見て来てストーリーは同じですが、一部、変えた箇所もありましたが、音楽、ダンスや映像技術で面白かったと思います。
吹替版はジーニー役にアニメと同じ人気声優、山寺宏一だったので良かったですが、アラジン役も三木眞一郎だったらと・・・
かなり人気のようで、平日でも観客が多かったです。
夏からライオンキングの実写版が上映です。

2019/6/19 水曜日

ウイスキートーク2019

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:39:04

CIMG4377
ウイスキートーク】
 
今年も九州最大のウイスキーイベントが開催だったので行って来ました
CIMG4379 CIMG4382 CIMG4386 
CIMG4390 CIMG4394 CIMG4396 
今回も沢山の試飲とセミナーも申し込んでたので、前回はマルス蒸溜所でしたが、今回はイチローズモルト
CIMG4402
埼玉県秩父にあるベンチャーウイスキー秩父蒸溜所のブレンデッドウイスキー
講師はベンチャーウイスキーアンバサダーの吉川由美
帝国ホテルでバーテンダーとして勤務し、その後ニューヨーク、スコットランドでバーテンダー、アイラ島でウイスキー造りも!という、凄い方のセミナー 
CIMG4399 CIMG4403 CIMG4405
CIMG4409 CIMG4408 CIMG4411
内容はブレンドの良さを知ってもらいたいテイスティング
【とにかく、ブレンドの話を聞いてくれ!!】

秩父蒸溜所のブレンデッド用のグレーンウイスキー(コーンや小麦など穀類が主原料)は世界5大ウイスキーに蒸溜所から買い付けてると言うことで、訳あって蒸溜所名はナイショ・・・
今回のテイストウイスキーは5種類でバーボン樽やスパイシータイプのグレーンウイスキーなど、56度から62度のウイスキー!
秩父蒸溜所は従業員23名の小さい蒸溜所なので、規模もコンパクト
原料の大麦はイギリスから輸入し、400kgの大麦からニュースピリッツ200Lのアルコールが出来ます
ここの発酵層は高級な素材の秩父産のミズナラ材が8基、単式蒸溜器は銅製ストレートヘッドのウォッシュスチル(初溜釜)とスピリッツスチル(再溜釜)の2基
創業は2004年9月からで秩父蒸溜所は2008年5月で今年、第2蒸溜所が9月完成予定です。
発酵層はフレンチオーク材という事です
 
一般見学はしてないのですが、とにかくウイスキー大ファン!!の方は問い合わせで、日時などOKだそうです
ウイスキーに興味ない方が来ると、見学マナーなどいろんな面でと・・・
 
秩父はまだ行ってないので、近いうちに行ってみたいです。
CIMG4431 CIMG4417 CIMG4423

2019/6/16 日曜日

太刀洗平和記念館

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:28:21

  
【太刀洗平和記念館】
 
【シベリア抑留】
 
平和記念館の企画展【シベリア抑留】
当時、1945年8月の終戦後、武装解除した日本兵はモダイ!(帰るぞ)日本帰国と言われたが・・・、貨物列車に乗せられ、隙間から見えてた景色は日本海と思ってたが、そこは世界一の淡水湖、バイカル湖・・・
シベリア、モンゴルなど収容所に移送され、マイナス30度という酷寒のシベリアで強制労働・・・
ラーゲリという囲われた収容所で4箇所から監視され、粗末な道具を渡されて森の木を切り、自分たちでバラックという小屋を建てそこから地獄のような日々が・・・
酷寒の中のいろんな作業で凍傷で指を無くす人、仕事もノルマがあり、出来なければ食事なし、ノルマ達成した人はさらに仕事が増やされと、どっちにしても過酷な状態になり、過労で命を落とす人が沢山・・・ 57万5千人の抑留で約5万5千人が過労で亡くなったそうです・・・
粗末な食事、過酷な労働の辛い毎日の中で、きざみタバコ=乾燥させた葉っぱを紙で巻いたりなど嗜好品を作ったり、自分たちで演劇を演じたり、帰国できる日を願い、満天の星空を見て楽しみで気をまぎらせてたなど・・・

バラック内など不衛生な状態でノミ、シラミ、南京虫、寄生虫、伝染病など・・・
そんな状態で鉄道建設、土木、炭坑作業、農作業など過酷な労働を強制的にさせられ、早い人で1年で帰国の人も居たが1950年までに47万人が帰国、しかし長い人で31年もラーゲリに居た人も・・・

太刀洗平和記念館の2階で抑留されてた方たちの協力により、絵や当時の物を展示説明してます

平和記念館が少し広くなり、特攻資料館が出来てました
外には三菱重工製の純国産のMH2000ヘリコプターが展示!

2019/6/7 金曜日

東京国立博物館

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:11:47

CIMG4332
【東寺 空海と立体曼荼羅】
 
京都の世界遺産の教王護国寺、東寺の仏像展

真言密教の祖、弘法大師空海教えの立体曼荼羅が東京国立博物館に来てました。
東寺は何回か行ってますが、360度から仏像が見れるので寄って来ました
大日如来を中心の五智如来、五大明王、四天王、五大菩薩、梵天、帝釈天の21体のレイアウト
全て、博物館に持って来ると講堂内が空っぽになるので大日如来、不動明王、広目天など何体かはパネルのみ
東寺の五大明王が迫力ありで一番カッコいいんです!

十二天像、弘法大師像、密教具、八部衆の面など沢山の仏像や密教物の書、大きい両界曼荼羅図、北斗の拳の元になったような北斗七星の北斗曼荼羅図など、凄そうな普段、東寺に行っても見れない物が沢山
CIMG4325 CIMG4326 CIMG4331
『密教』とは、見つける事の出来ない秘密を求めるもの!・・・

今回も色々と良かったです

国立西洋美術館では6月11日から松方コレクション展です。
CIMG4333

帰りに羽田空港で離陸遅れで窓から滑走路見てたら、あのアメリカ大統領専用機:エアフォースワンが!!
CIMG4334 CIMG4339

2019/6/6 木曜日

ウィーン・モダン

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:11:24

CIMG4272
【ウィーン・モダン クリムト・シーレの世紀末への道】
 
国立新美術館で開催中のウィーン・モダン展

19世紀末から20世紀のウィーンの絵画、建築、食器、家具、衣装などすべてが芸術と思える物が400点を展示
オーストリア、ウィーンの人気画家:グスタフ・クリムトの作品『パラスアテナ』、『エミーリエ・フレーゲの肖像』や若き日の作品、女性のいろんな美しいポーズをスケッチに沢山描いてた絵やクリムトがいつも着てた服のスモックも展示!身長も大きかったようです
ウィーンの音楽家と言えばアマデウス・モーツァルトの肖像画、『魔笛』の舞台シーン、モーツァルトの才能を認めてた音楽をこよなく愛した皇帝ヨーゼフ2世の肖像画、有名なマリーアントワネットの母のマリア・テレジアの肖像画、玉虫色のドレスは角度で色が変わる生地、今で言えば塗装のマジョーラカラーそのまま、日傘も洒落た内側の膨らみなど当時の技術の凄さ!
展示品を観てると当時、華やかだった印象のウィーンです
CIMG4284 CIMG4275   ・
美術館の正面には、前に佐賀県立美術館に展示してた吉岡徳仁作:ガラスの茶室が展示してました。
CIMG4278 CIMG4280 CIMG4283
六本木、国立新美術館で8月5日まで


夜は神田にある『じとっこ組合』
宮崎県の地鶏や豊富なメニューと万能味噌も美味い、お手ごろ価格の人気店
 

2019/6/5 水曜日

東京の大聖堂

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:02:18

CIMG4268
【カテドラル関口教会 聖マリア大聖堂】
 
世界のタンゲ!丹下健三設計の1964年に完成した十字架の形をした大聖堂
元々の教会は戦争で焼けてしまったようで、1963年に丹下健三氏の設計で再建
CIMG4259 CIMG4262
教区の中心的な教会のようで、上空から見たら十字架のデザインになってて、建造物の外観はステンレススチールやアルミ素材なので輝いてます
聖堂内は十字の天井から光が差し込み、壁はコンクリートの打ちっぱなしのような緩やかな曲線、ホールの部分は広がってます
東向きに建てられたので祭壇は東側、反対の西側には教会の定番の楽器パイプオルガン、洗礼室、ザビエル像など

そして、建物も凄いのですが、ここにはバチカンのサン・ピエトロ大聖堂にある、ルネサンスの巨匠ミケランジェロ・ブオナローティの最高傑作と言われる大理石の像『ピエタ』の精巧なレプリカ像が原寸大であるのです!
ピエタとはイエスが磔刑にされ、亡くなったイエスを聖母マリア様が抱きかかえてる姿

バチカンまで本物のピエタを観に行く事は出来ませんが、カテドラル教会でも十分、感激です!
よく見る教会の内部は殆ど、天井が盛り上がったゴシック様式が多いですが、カテドラル教会は凄い独特の雰囲気で、お寺で例えると比叡山延暦寺のようかも

外には祈りの場の洞窟のマリア像やジョセフィーヌの鐘、十字架と4つの鐘が付いた鐘塔など
CIMG4260 CIMG4261 CIMG4263
ここは古い邦画のオープニングで十字架の建物が気になってて場所がわかったので行って来ました。

教会なので、朝はミサがありますが、それ以外でも聖堂内の見学は自由です
目白駅からバスで10分です

2019/6/4 火曜日

三菱一号館美術館

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:01:53

CIMG4245
【ラファエル前派の軌跡展】
 
東京駅の丸の内側にある三菱一号館美術館に初めて行って来ました
ラファエル前派=ルネサンス三大巨匠の1人、ラファエロの表現だけでなく、それ以前の表現で描くなど
ロセッティ、ホルマン・ハント、エヴァレット・ミレイ、バーン=ジョーンズなどラファエル前派展が開催

好きな作品のエヴァレット・ミレイ作『オフィーリア』は残念ながらありませんでしたが、美人画が沢山展示
ウイリアム・ターナーとラスキンは風景画が殆どで、ロセッティはヴィーナス、バーン=ジョーンズは神話物、壁紙で有名なウイリアム・モリスなどモリス商会も沢山展示で約150点近い作品でした。
CIMG4244 CIMG4243 CIMG4241 CIMG4239
三菱一号館美術館は外観が赤レンガでの館内がレトロですが、1968年に解体され、その後2009年に当時と同じに建てられたようです
古そうで新しい美術館で、館内も凄い広く感じました。
入口正面には昼間から何十種類ものグラスワインの飲める場所もあり、次回は寄りたいと思います
CIMG4248 CIMG4251 CIMG4250 

« 前ページへ次ページへ »

HTML convert time: 0.511 sec. Powered by WordPress ME