2018/8/18 土曜日

千手観音とボディーガード

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:48:36

DSCF6210 DSCF6186
【京都 仁和寺 観音堂 ~千手観音像とその仲間たち~】
 
今年2月に東京国立博物館で開催してた【仁和寺と御室派のみほとけ 天平と真言密教の名宝】で展示してた仁和寺観音堂の仏像が九州国立博物館に特別展示してたので観て来ました!
東京の時は凄い人の数でゆっくり見れませんでしたが、九博では特別展準備中で何も無く、4階の文化交流展示室の1室だけの展示なので、知らない人も多いのか、人も少なく、じっくりと1時間ぐらい眺めてられました。
この日は、京都仁和寺から修行僧の管理リーダーが来てて30分の仁和寺トークでした。
DSCF6206 DSCF6208 DSCF6198 
観音堂の再建が1644年! 天漏れ、腐食などが進み、大改修のために全仏像が外に出されたのが370年ぶりだそうです!
仁和寺は弘法大師 空海を宗祖とする真言宗で、開祖が宇田天皇!天皇ゆかりの寺、元号の仁和4年(888年)から仁和寺と付けられ、別称:御室(おむろ)なので御室派と!
今回の大改修工事が完成すると、仏像から1mの目の前で見ることが出来ないそうです。
もちろん触れませんが、手が届く距離で見れるのが今だけです!!

十一面千手千眼観音菩薩立像と眷属二十八部衆、風神、雷神、脇侍に不動明王立像&降三世明王の全33体!
勢ぞろいの傑作品がカッコいいし、千手観音の光背のデザインも美しいんです!
観音堂の内部に日が当たらないので仏像の色も綺麗に残ってます。
DSCF6190DSCF6202DSCF6189
千手観音、迦楼羅王、婆藪仙人、雷神、難陀龍王
DSCF6193 DSCF6192 DSCF6194 DSCF6196 DSCF6191
そして、ここでも写真撮影OKで、仁和寺の僧侶が是非、SNSで配信して仁和寺の宣伝と多くの方に足を運んでいただくようにお願いしますと
 
約400年前の芸術的な仏像33体が9月2日まで展示中です。
 

2018/8/12 日曜日

8つのフーガ

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:03:20

DSCF6176 【名画が奏でるつのフーガ】
 
ブリジストンコレクション所蔵の西洋美術と日本洋画を8つのテーマごとに展示
①:セザンヌの山、 ②:モネの水面、 ③:ルノワールの少女、 ④:青木繁の神話、 ⑤:坂本繁二郎の馬、 ⑥:マティスの裸婦、 ⑦藤島武二の女性、 ⑧:ザオ・ウーキーの風景の1枚の絵から関連する作品のつながりの絵
石橋美術館の時からよく見てた作品で青木繁『わだつみのいろこの宮』、坂本繁二郎『放牧三馬』、黒田清輝『針仕事』なども展示してますが、今回の人気作品は、西洋美術のルノワール『すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢』、モネの青っぽい色の『睡蓮』、オレンジ色の風景の『黄昏、ヴェネツィア』、セザンヌが勝利の山を描いた『サント=ヴィクトワール山』など初めての展示作品もあり、全部で96点を展示してます。
 
DSCF6179 DSCF6177 DSCF6178 
久留米市美術館で世界絵本原画展も9月9日まで開催です。 

2018/8/7 火曜日

幽霊・妖怪

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:47:02

DSCF6223 【幽霊・妖怪画の世界】
 
春信展と同時に開催される福岡市博物館所蔵の幽霊画展
子供の時に家にあった妖怪図鑑に載ってた絵も何枚もありました
外国の神話の『ユディト』のような凄い絵もありますが、ユーモラスの絵も多く、展示数が50点ちょいなので、短時間で気軽に観れます。
DSCF6212 DSCF6214
DSCF6219 DSCF6218 DSCF6216
なぜか、撮影OKでした
DSCF6224

2018/8/2 木曜日

千栗土居の大きい蓮

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:34:09

6月の時は大蓮まだ咲いてませんでしたが、7月に咲いてました。
CIMG1787 CIMG1790 CIMG1774 CIMG1796

2018/7/30 月曜日

鈴木春信展

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:01:28

DSCF6170 DSCF6172 【鈴木春信展】
 
浮世絵所蔵数、世界№1のボストン美術館から浮世絵150点を福岡市博物館で展示!
その中の130点が鈴木春信作品。
 
春信といえば、錦絵初期の第一人者、色彩が綺麗な絵、町で評判の看板娘シリーズ、風流シリーズ、春画などが有名
ボストン美術館が春信作品の8割を所蔵! 603点もしてて、春信の活動期間が10年ぐらい、版画なので作品が沢山ありそうですが、1枚しか存在しない浮世絵も多く今回展示!《見立三夕「定家 寂蓮 西行」》
殆どの作品の枚数も少なく、貴重な浮世絵で春信展だけの開催は昨年の9月から千葉で始まり、名古屋~、大阪~、福岡で最後の春信展になります。
 
展示は絵本、物語や仏像などを元にした見立絵=(空想、イメージ、パロディー)白い像に乗った娘は普賢菩薩、獅子の上に横座りしてる娘は文殊菩薩をイメージなど、他には百人一首を元に西行法師、阿倍仲麻呂、伊勢など
春信の作品で、雪の情景が綺麗なので、好きな作品です!今回、展示してました。
 
歌麿の次ぐらいの美人画でも有名なので人が多かったです。
春信と言えば、春画=(H絵)の構図の面白さも有名で好きなんですが、今回は1枚も展示なしです・・・
  
同時開催で市博物館所蔵の『幽霊・妖怪画の世界』も展示してます。
DSCF6174 
~8月26日まで開催
 

2018/7/25 水曜日

航空科学博物館

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:49:31

CIMG1660 【航空科学博物館】

新勝寺、成田山前バス停から乗車し、成田空港横にある航空科学博物館
ボーイング747の頭部分が目の前に!
館内に入ると横にロールスロイス製のレシプロエンジンを展示
ミュージアム・ショップや有料のシュミレーション操縦ゲームもあり
CIMG1703 CIMG1699 CIMG1702 CIMG1710

展示エリアに入ると8分の1サイズのB‐747の可動模型があり、別になってるコックピット操作でフライト操作体験も出来ます
CIMG1668 CIMG1682 CIMG1715 CIMG1685

747の胴体断面、主翼断面、P&W社のターボファンジェットエンジン、厨房設備室、翼の断面内部構造など
CIMG1666 CIMG1671 CIMG1712 CIMG1670

零式艦上戦闘機二一型のコックピット部分も展示してます。
CIMG1678 CIMG1680

展望室は管制塔をイメージして管制卓や航空管制など機材も沢山展示してて、成田空港の離発着飛行機の説明も係りの人がしてます!
この日は白いB‐747が駐機してて、カラーリング無しの理由は、会社名を入れると世界各国の輸送会社の依頼が入いりにくいので、あえてノンカラーなんです
それと、航空会社名が無いので機体を売却しやすいメリットのためです!
野外の展示機体も一望でき、展示機体の中も入れます 
CIMG1695 CIMG1696 CIMG1693  
CIMG1691 CIMG1707 CIMG1708  
 
有料説明のB‐747実物の機体説明《セクション41》
セクション41の意味はボーイング社が機首部分に付けた名で、ジャンボジェットは一箇所の工場では全部作れないので、世界各地で作る番号で胴体部分を輪切りにした感じで42、44、46、48など格部分の番号がセクションナンバーです。それをB-747をさらに大きく改造したジャンボイルカのような胴体をした専用輸送機:ドリームリフターで1箇所に集結なんです
ドアの開閉、コックピット、速度表示の仕組みなど、いろんな質問にも細かく説明してもらえます。 
CIMG1661 CIMG1717 CIMG1723 CIMG1726 
  
他にも当日予約が必要なDC-8シミュレーター体験やいろんなシュミレーターやいろいろな体験コーナーがありますので乗り物好きには1日楽しめます
CIMG1700 CIMG1735 CIMG1689
福岡⇔成田のLCCを使えば、一番安い価格の時で、久留米⇔航空科学博物館まで格安で行けます。

2018/7/24 火曜日

千葉成田山新勝寺

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:47:10

CIMG1610 CIMG1771 成田空港まで!
 

CIMG1767 CIMG1647 【成田山新勝寺】
 
日本一の初詣参拝客と年間1000万人以上が訪れる、美しすぎる寺、千葉県成田市の【大本山 成田山金剛王院新勝寺】
 
成田空港駅から1駅、成田駅から表参道を10分ぐらいで新勝寺の総門前に到着!
CIMG1612 CIMG1613 CIMG1618 CIMG1658 
 

総門前で入る前に一礼、手水舎で清めてからお詣り
階段を登ると寺の門番、密迹金剛(みっしゃくこんごう)と那羅延金剛(ならえんこんごう)と後ろに四天王の多聞天と広目天が安置の仁王門!
CIMG1739 CIMG1742 CIMG1741 CIMG1743 CIMG1744 
 
大本堂の堂内に入り、ご本尊の不動明王、お不動さんにお参り
不動明王坐像の脇侍に二童子立像
凄い、内部でした
CIMG1747 CIMG1624 
 
出世稲荷は、お稲荷さんなので商売繁昌や開運成就など
CIMG1635 CIMG1636 CIMG1633 
 
釈迦堂は側面と背面に五百羅漢の彫刻と、内部には釈迦如来が本尊で、脇侍に普賢菩薩と文殊菩薩、天井に雲龍図と孔雀や鳳凰などの彫刻も凄かったです!
CIMG1638 CIMG1639 CIMG1641 
 
1701年建立の光明堂は不動明王、大日如来、愛染明王を安置!
外観の彫刻と斗組も綺麗でした
この日は祇園会だったので僧侶が霊宝の宝剣で身体に当てられ無病息災を祈願! 年2回のみなので、運もついたか?・・・
昨年、建立した醫王殿(いおうでん)は薬師如来、日光菩薩、月光菩薩、薬師十二神将 
CIMG1645 CIMG1648 
 
平和大塔は中もは入れ、歌舞伎、初代 市川団十郎から市川海老蔵の成田屋に関する資料などいろいろと展示してました。
CIMG1652 CIMG1651  
 
奥の院の扉は普段、閉じられてますが、この日は祇園会だったので中に入れました。
大日如来が安置され、開扉は祇園会と祇園祭の年2回のみ!
CIMG1653 CIMG1650 
 
ここにもありました!聖徳太子堂
太子ゆかりの寺らしいので聖徳太子も祭ってるようです。
CIMG1654 CIMG1656 
  
708年創建の三重塔は日光東照宮の五重塔と並ぶぐらい綺麗な色、飾りで十六羅漢の彫刻や細かい彫刻で沢山飾られてました。
CIMG1626 CIMG1629 CIMG1751 
   
他にもいろいろあり、見どころが沢山でした。
CIMG1749 CIMG1764 CIMG1761 CIMG1763

 

2018/7/7 土曜日

久留米成田山分院

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:39:20

CIMG1559 【久留米成田山分院】
 
久留米市にある成田山新勝寺直系の分院、久留米成田山
『身代わり不動尊』と言うぐらいなので憤怒の表情の【不動明王】が御本尊
開山は昭和33年で、久留米の初詣でも多くの人で賑わう人気の寺です。
不動明王が安置されてる本堂
CIMG1527 CIMG1528 
 
見学料500円ですが、極楽と地獄の館と歴史館の光明閣は極楽の『楽』しかない世界を描いた絵、天然石を使った歴史の人物像、小さいお化け屋敷のような感じの罪人の地獄道をイメージした人形たち
CIMG1554 CIMG1555

高さ62mの救世慈母大観音は一番上まで階段で登れます。
CIMG1532 CIMG1553 CIMG1549  
 
高さ38mの平和大仏塔極楽殿は仏舎利やシャカ族に生まれてから悟りを開き入滅までのブッダの生涯を描いた絵
CIMG1533 CIMG1543 CIMG1529

金剛力士の阿形と吽形、五百羅漢
CIMG1546 CIMG1545 CIMG1548  
 
近くですが、久しぶりに参拝して帰りました。

2018/7/4 水曜日

GR Garage

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:09:39

DSCF6141 【GR Garage 福岡空港】
 
トヨタ自動車の新しいスポーツカーシリーズ『GR』ショップ
九州初出店の福岡空港近くなので、寄って来ました。
こないだ、お台場のトヨタメガウェブに行ったので、GR仕様を見てこようと!
 
店内に1972年式のTE27(初代カローラレビン)が展示してて、社員さん所有の車だと!
DOHC、1600CCエンジンのオーバーフェンダーがカッコいい当時、人気の車です
自動車レースのシュミレーションゲームも2機あり、難しかった・・・
86専用パーツが沢山あり、『TRD』 『GR』 『GReddy』と色々と展示してました。
DSCF6136 DSCF6138 DSCF6140 
赤の86デモカー
DSCF6144 DSCF6143   

2018/6/30 土曜日

千栗土居(ちりくどい)公園

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:26:53

CIMG1597 【千栗土居公園】
 
みやき町、千栗土居公園の蓮池
 
南側にある早咲く6月ごろから咲き始める『二千年蓮』『舞妃蓮』
 
「二千年ハス」は、ハス博士といわれた故・大賀一郎博士が縄文時代のハスの種を発見し、栽培を始めて日本中にある花で大賀ハスとも言われてるそうです。
CIMG1593 CIMG1571 CIMG1586  
 
「舞妃蓮」は二千年蓮と黄色の王子蓮を交配して作られた品種、つぼみはピンクですが咲くと白くなるハス。
CIMG1594 CIMG1588 CIMG1576 

この2種類の蓮が散り始めると7月~8月頃に大きな池の方の大きめの蓮が咲き始めます。
CIMG1599 CIMG1598 CIMG1595
大きな蓮の開花時期にまた観に行きます。 

 
この近くにある千栗山の中にある千栗(ちりく)八幡宮
御祭神は応神天皇、仲哀天皇、神功皇后など
CIMG1600 CIMG1605 CIMG1607 
 
千栗の自動車参道を登って行くと『妙覚院弥勒寺』
本堂は消失で建て直しのようですが、1200年以上の歴史があると!
御本尊は愛染明王と弥勒菩薩のようです。
CIMG1601 CIMG1603 CIMG1604

次ページへ »

HTML convert time: 1.326 sec. Powered by WordPress ME