2019/4/21 日曜日

日本刀展

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:49:40

CIMG3920 CIMG3927
【ヱヴァンゲリオンと日本刀展】
 
5年前ぐらいに福岡で開催してた日本刀展が佐世保でやってました
本物の刀匠たちが真剣で架空の武器を本当に作った刀展!

このマンガは詳しくないですが、職人たちの技術の凄さを見たくて行って来ました
正統派の日本刀も展示して、アニメメカデザイナーと刀匠のコラボ作品がカッコいいんです
CIMG3928 CIMG3930 CIMG3929
CIMG3934 CIMG3935 CIMG3936
CIMG3932 CIMG3933 CIMG3931

ゴマクロソード
CIMG3942 CIMG3943  
カウンターソード  
CIMG3944 CIMG3945 
ビゼンオサフネと豆太刀タイプ
CIMG3947 CIMG3948 CIMG3950
零号機仕様脇指
CIMG3951 CIMG3952 
2号機仕様ビゼン短刀 
CIMG3953 CIMG3954 
ロンギヌスの槍は全体の模様が木目で、2本の槍を焼きながらネジネジと1本にした迫力ある双頭の槍
CIMG3970 CIMG3974 CIMG3971 
他、いろいろ展示してました
CIMG3960 CIMG3962 CIMG3959 
佐世保市島瀬美術センターで5月12日まで
CIMG3921 CIMG3925

2019/4/20 土曜日

佐世保軍港

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:00:19

CIMG3839 CIMG3845
【佐世保軍港クルーズ】
 
1年ぶりの佐世保軍港クルーズ
佐世保湾内を1時間掛けて海上自衛隊とアメリカ海軍の戦艦を見学
・ 
全長208mのナンバー20のアメリカ海軍ドック型輸送揚陸艦グリーン・ベイ
CIMG3857 CIMG3860 
給油中の海上自衛隊173護衛艦こんごう、424補給艦はまな
CIMG3867 CIMG3868  
佐世保基地で呉基地か横須賀基地の潜水艦が休憩中(充電中)の様子です!
佐世保は潜水艦はないので、めったに見れなくて、しかも煙を出しながらの充電の様子はレア風景です
CIMG3874 CIMG3873
補給艦おうみ
CIMG3878 
佐世保重工業株式会社佐世保造船所(SSK)の緑色の250tのハンマーヘッド型クレーン
CIMG3879 CIMG3881 
海上自衛隊とアメリカ海軍共通の海のガソリンスタンド
CIMG3882 CIMG3883  
佐世保湾で少しだけ見える水平線
CIMG3885 
アメリカ海軍の貨物弾薬補給艦アメリア イアハート
CIMG3886 CIMG3888
磁気を除去するブイ
長い航海などで船体に磁気が発生し、レーダーで敵に位置が分かってしまうので、除去装置が湾内に沢山浮いてます
CIMG3893 
避雷針だらけのアメリカ海軍の弾薬庫
CIMG3895 CIMG3896 
一番新しく配備された海上自衛隊、ナンバー119のイージス艦=護衛艦あさひ!
機関砲、魚雷など装備
陸上自衛隊とのコラボ風景
最新のイージスシステム搭載の700億する高級戦艦
イージスの名は、最高神ゼウスがアテナに与えた無敵の盾の名前
CIMG3914 CIMG3911 CIMG3912 CIMG3915 
護衛艦132あさゆき、157さわぎり
ミサイルランチャー:シースパロー、ガトリング機関砲など装備
CIMG3910 CIMG3905 CIMG3908 CIMG3907 

普段は近くから見れないので、興味ない方でも楽しめると思います。

2019/4/16 火曜日

福岡市美術館

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:01:26

CIMG3731
【福岡市美術館】
 
ようやく2年半の休館からリニューアルした福岡市美術館
外観は変わらず、展示エリアが雰囲気を変えた展示室になってました
 
リニューアル最初の記念展覧会は美術館所蔵
『わたしたちのコレクション展』
 
美術館所蔵数16000点の中から有名作品300点を展示
 
有名作品と言えば、サルバドール・ダリの『ポルト・リガトの聖母』
2016年11月に国立新美術館で開催された最大のダリ展でも展示されてた作品で原子の核分裂の中に聖母を描いた作品
福岡市美術館が5億6千万で落札したダリなんです!
 
ジャン=ミシェル・バスキア『無題』
27歳で亡くなったバスキアと言えば、話題の有名社長が123億で落札したストリート現代アーティストの作品
バスキアの作品を所蔵してる国内の美術館は5~6箇所ぐらいなので、なかなか見れないんです。
 
シルバーの男、アンディ・ウォーホル『エルヴィス』
プレスリーの写真を書き写した作品
展示はしてませんが、キャンベル・スープ缶も何枚か所蔵してます!
 
自分も好きな人気のマルク・シャガール『空飛ぶアトラージュ』
今回は暗い作品ですが・・・
 
水玉の女王で有名な長野県松本市出身の草間彌生『夏』
植物のような赤に白い水玉の作品
外の大濠公園側には『かぼちゃ』があるのが有名です
他にも笑える現代アートなど色々と展示

CIMG3727 CIMG3728 CIMG3721 
豊臣秀吉が欲しがった茶入、博多の聖福寺の和尚も勤めた仙厓の作品など、凄い所蔵品を展示してます。
1階の仏像の展示方法も変わり、仁王門をイメージした金剛力士と薬師如来の周りを十二神将が囲む展示など、いい感じのリニューアルになってました。
CIMG3720 CIMG3724 CIMG3730
リニューアルオープン記念展は5月26日まで
観覧すると抽選クジがあり、空クジなしの美術館グッズなどもらえます。

2019/4/12 金曜日

美の鼓動 2019

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:24:08

CIMG3778
【美の鼓動‐九州】
 
九州産業大学美術館で現代アート展
TNCの番組で放送されてる【美の鼓動-九州】から10人のアーティストの作品を展示
CIMG3774 CIMG3779 
画家、写真家、造形作家、現代美術など現代アート作品
CIMG3780 CIMG3784 CIMG3789
CIMG3781 CIMG3782 CIMG3786
面白い作品やカッコいい作品ありました。
昨年は沢山の展示でしたが、今回は10人だけだったので展示数が少なかったです・・・

~~~
九産大まで来たので近くの志賀島まで!
CIMG3712 CIMG3715 
潮見公園
CIMG3797 CIMG3798 
志賀島スポーツランド
CIMG3800 CIMG3803
志賀海神社
CIMG3809 CIMG3811 CIMG3812 
金印ドックが待ち客多かったのでママドッグ食べ!
CIMG3816 CIMG3817 CIMG3819
KZ1000とFX400が! 

天気が良かったのでバイクも多かったです

~~~
帰りに空港の横を通るので、空港内見学と送迎デッキ
国内線ターミナルビルが整備中なので、来るたびに変化

CIMG3838 CIMG3822 CIMG3827 
CIMG3831 CIMG3833 CIMG3834
帰る前に風呂でのんびりと・・・
アマンディ 

2019/4/8 月曜日

食事会

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:08:09


【PORTA・ROSSA】
 
誕生会という事で、お客さんからお誘いがありイタリアンのポルタロッサで食事会
オードブル盛り合わせから魚、肉、デザートと最後にグラッパ=ブランデーを作った後のブドウの搾りかすで出来たお酒
BEER、ワイン、グラッパ、お酒と久々のポルタでお任せコースでした
 

気軽に行けるイタリアンで、清潔感もあり、美味しく、感じいいご夫婦なので入りやすい店なんです


ポルタを出て知り合いの店でニッカウヰスキー余市のシェリーワインの種類、辛口タイプのマンサニーリャウッドフィニッシュと甘みが強いモスカテルウッドフィニッシュを!

飲みすぎました・・・

2019/4/3 水曜日

いけばな展&写真展

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:40:56

CIMG3753
【いけばな展】
 
福岡大丸での8階で華道展、いろんな流派のいけばな展が開催されてました。
こないだ青木繁旧家で展示してた草月流の先生の作品もありました。
CIMG3750 
100点ぐらい展示してて、シンプルでカッコいい作品や派手な作品、こんな物でデザイン?など、いろんな作品あり、上品な感じやド派手などカッコいいと思い拝見してました。
CIMG3733 CIMG3734 CIMG3736 CIMG3737
CIMG3743 CIMG3740 CIMG3752
CIMG3747 CIMG3745 CIMG3744   



いけばな展の隣では、
写真展『天皇皇后両陛下ともに歩まれた60年』
CIMG3754
これまでの天皇皇后両陛下の大婚の儀や即位の儀や皇室のこれまでの儀式、被災地お見舞いなど、いろんな表情の両陛下の写真が展示してました。
『平成』も今月で終わり、5月1日から新しい時代、『令和』となりますが、平成天皇皇后両陛下のこれまでのお務めされてきた貴重な写真が沢山展示してるという事で、せっかくなので拝見して来ました。
天皇陛下85歳の最後の誕生日会見のおことばと、皇后美智子様の全文も展示してたので、改めてじっくりと全て読んでました。

2019/3/27 水曜日

青木繁旧居花展

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:06:09

CIMG3678
【青木繁旧居花展】
 
荘島町にある久留米出身の画家、青木繁の旧家で草月流の華道展
CIMG3653 CIMG3654 CIMG3672  
華道してるお客さんから聞いてたので見て来ました。
作品は教えてる先生と生徒さんの作品で、ベテランの方はカッコいい作品もありましたが、小学低学年の作品も展示してて、今からかな・・・という作品でした。
絵はレプリカも幾つか展示してて、花と絵で楽しめるような展示でした。
CIMG3655 CIMG3657 CIMG3666
CIMG3658 CIMG3660 CIMG3668 CIMG3677
青木繁は10代までここで過ごし、上京して行ったので学生の卒業まで久留米で過ごした有名画家です!代表作は『海の幸』
2年前はパリのオランジュリー美術館でブリヂストン美術館展が開催され、青木繁の作品も展示されたようです。
CIMG3674 CIMG3673 CIMG3676

2019/3/22 金曜日

M.C.エッシャー展

Filed under: お知らせ — nko @ 0:33:37

CIMG3631
 【ミラクル エッシャー展】

だまし絵と言えば、20世紀を代表する画家《マウリッツ・コルネリス・エッシャー》
誕生120周年の大規模展!!
作品を描き出す過程を、『科学』『聖書』『風景』『人物』『広告』『技法』『反射』『錯視』の8つのキーワードで展示

実際に存在しない建物や空間など不可思議な絵で人気アートやブラフィック!

2次元の平面をタイル状にし、それを数学的、幾何学的に考え、その平面のタイルを立体に組み合わせ、3次元の立体にして描く!
法則のコード、平面の『正則分割』の技法という描き方???
数学的な理論や表現技法に基づいた構図で【錯視】や【幻視】を自由自在に生み出し、現実ではありえない独自の作品世界を作り出したエッシャー
考え方、頭の中が【大脳のプロセッサー】=マイクロプロセッサーのタイムラグが作品になり注目と言う、読んでてなんだか難しい考えを持ったM.C.エッシャー
とにかく、考え方が凄い人のようです!

反復、変容、反射など逆さまや変わると言う考えに関心が強かったらしく、有名な代表作『相対性』は建物の階段が沢山あるのですが、1つの建物に縦、横と360度いろんな角度で階段を人が上り下りする絵で、洋画の【ナイトミュージアム エジプト王の秘密】の中でも使われてて、相対性の絵に入り込んで戦うシーンは場所によって重力がいろんな角度で変わる映像が有名

『滝』は水が下から上の登って行き、水車を回すのですが、現実ではありえませんが、それを実際に絵の角度で立体模型を作った人もいるんです。
元はイギリスの数学者のロジャー・ペンローズとライオネル・ペンローズが1958年、実際は存在しない『ペンローズの三角形』というのをヒントに描いたと書いてました
帯を切り、反転させてつなげたメビウスの輪など【無限】を基本に描いてる作品が多くあります


『物見の塔』は2階建てが1階と2階の角度が違って、柱の位置が違います!これも実際に立体模型で作った人がいます

カトリックだったという事で、『創世記』も描いててエッシャーらしい『楽園』のアダム&エヴァの追放や天地創造、近代ビルのバベルの塔など!

他にエッシャーと言えば変身=『メタモルフォーゼ』も有名で、文字⇒市松模様モザイク⇒チェス⇒町⇒ブロック⇒鳥⇒魚⇒蝶⇒蜂⇒爬虫類⇒市松模様モザイク⇒文字と、他にもいろんなメタモルフォーゼを描いてます。

『空中の城』はラピュタのヒントになったような絵で、それをバベルの塔で描いたのかも!

版画にこだわるのですが、木版画のディテールがすごくて、銅版画のような細かさ
板の彫りを見ると、コンピューターレーザー彫りも無い時代に手彫りで精密に彫れるのも凄い技術だと思います

今回は2回観に行きましたが、10年前の時より人が結構多かったです!
イスラエル博物館所蔵の作品を展示してたようですが、ハウステンボス美術館も180点ほど所蔵してるんです

前回のエッシャー展は2008年11月に行った福岡県立美術館での【エッシャー 空間泥棒の挑戦】以来!
2016年に熊本市現代美術館で開催予定だった『M.C.エッシャー展 だまし絵王エッシャーの挑戦状』は熊本地震の影響で建物が使えなくて中断することを余儀なくされたので10年ぶりぐらいのエッシャー展でした。
数年前と思ってたら・・・、、

エッシャー展は今月の30日(土曜まで開催

CIMG3618 CIMG3623 CIMG3621

2019/3/17 日曜日

醍醐寺展 後期

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:31:37

CIMG3608 CIMG3607
【京都・醍醐寺展 ~後期】

京都・醍醐寺展は展示品の入れ替えなので後期の品を観に

五大明王や薬師如来、慶派:快慶作の不動明王坐像など仏像の入れ替えはなく、そのままでしたが、国宝の両界曼荼羅図、室町時代の作者不明の山水屏風、明王や仏様の彫刻ではなく、絵の仏像などの入れ替えが多かったです。
他は書物や国宝の絵巻などでした。
五大明王など、仏像ポーズは見てて飽きないので仏像展示の所で眺めてました
CIMG3627 CIMG3628 CIMG3629 CIMG3630
醍醐寺展は3月24日までですが、4月23日から、昨年、東京国立博物館で開催してた、
特別展『京都 大報恩寺展 快慶・定慶のみほとけ』展
慶派の傑作が4月23日から九州国立博物館で巡回開催です!
CIMG3626 CIMG3624
東京の時は『聖観音菩薩立像』だけ撮影OKでしたが、九州では『六観音菩薩像』六体の撮影OKだそうです。
慶派の傑作が揃う特別展、360度から拝見!

 

2019/3/12 火曜日

さいとう・たかを

Filed under: 個人日誌 — nko @ 0:33:49

CIMG3262
【ゴルゴ13展】
 
大人に大人気のマンガ原画展
カミソリの目、猛禽類のまゆ毛がトレードマークと言えば!?
世界一のスーパーA級スナイパー:デューク東郷!  
ゴルゴ13=通称:G
CIMG3264 CIMG3283
手塚治虫先生のマンガに出会い、漫画家の道に進んだと言う、さいとう・たかを先生

1968年11月から連載され50年以上、休まず続いてる大人向けのマンガ

福岡では開催がなく、作者が大阪出身なので大阪から始まり、岩手~神奈川と巡回開催で、最後が下関市立美術館
好きなマンガなので日帰り新幹線使えば速いので下関まで!
下関の開催は下関出身の直木賞作家:船戸与一と、さいとう・たかをのゴルゴ13のコラボ製作などの関係で山口県で開催なんです。

貴重な原画はもちろんですが、デューク東郷の姿が出来るまでや、秘密、習性、掟、偽名などいろいろと紹介!

第1話のから始まった絵が世界一、白ブリーフの似合う男が窓から仁王立ち!
映画のようなズームUPしたコマが迫力を出し、Gの凄さが読者を引き付けるストーリー
・ 
鍛えられた身体、葉巻好きなヘビースモーカー、イギリス王室御用達の高級石鹸しか使わない、スイスの時計職人が作った仕掛けがある特注高級腕時計など、こだわりのアイテムも有名
CIMG3278 CIMG3286 CIMG3280 CIMG3296
受けた依頼は100%果たす!
62話のフロリダチェイスでは現金輸送車を盗んだ犯人を走ってる車の下に張り付き、標的を車の下から1発でピンスポット位置の肛門を狙い、銃弾が脳みそを打ち抜く!

報酬は前金、依頼人に挨拶はしない、相手と握手はしない、一度受けた依頼人とは2度と会わない、自分に危害を加えるヤツはどんな相手も攻撃、後ろに立たれると殺害してしまうなどいろいろと!

18カ国語を話し、ガンの早撃ちは0.17秒! ちなみに次元大介は0.3秒です・・・
100mを10秒で走る、10kmは28分以内で走るなど凄いんです!

原画ではGが冗談を言うシーン、握手をしないが握手をするシーン、『どうもすいませんでした』と謝るシーン、無表情だが笑うシーンなど、お宝シーンの原画も紹介

他はGと言えば、女性が欠かせませんので、仕事前には必ず娼婦を買い、お色気シーンや関わった女性100人も紹介!
弾丸の貫通した穴を覗くと、Gとの過激なラブシーンのいろんなコマも紹介(良い子は覗きNG!)

愛銃のライフルM-16のカスタムやグレネートランチャー付きなどいろんな仕様のタイプやリボルバー式の拳銃やワルサーP38なども展示
CIMG3301 CIMG3304 CIMG3300
CIMG3314 CIMG3310 CIMG3316 CIMG3282
ゴルゴ13を読んだ事がない人は、名作と言える【第81話 海へ向かうエバ】を読めばわかるかも!?
見に来てる人は、やはり年配の方が殆どでした。

下関市立美術館で3月24日(日)まで
CIMG3259 CIMG3260 CIMG3263

次ページへ »

HTML convert time: 0.473 sec. Powered by WordPress ME